« (1382) ゼロ・グラビティ | トップページ | (1384) SUPER8 »

2016年7月21日 (木)

(1383) ピース オブ ケイク

【監督】田口トモロヲ
【出演】多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃
【制作】2015年、日本

ジョージ朝倉原作漫画の映画化作品。レンタルビデオ店で働く男女のラブストーリー。

高圧的な彼氏(柄本佑)と付き合っていた梅宮志乃(多部未華子)は、友人のおかま、天ちゃん(松坂桃李)の勧めでレンタルビデオ店のアルバイトとなる。店長の京志郎(綾野剛)は、志乃の住むアパートの隣の部屋に住んでいる男だった。
志乃は京志郎が気になりはじめる。彼にはあかり(光宗薫)という同棲相手がいたが、やがて姿を消し、志乃と京志郎は付き合い始める。
しかし、京志郎はあかりと接触を続けていた。それに気づいた志乃は激怒するが、京志郎の志乃への愛が真実であることを知り、二人は熱いキスを交わすのだった。

綾野剛と多部未華子の濃厚なキスシーンが見せ場。序盤から胸元をあらわにしてブラジャー越しに柄本佑に乳房をさわられたりもしており、どちらかというとおさな顔の多部未華子の、セクシーな一面が観られる。
主人公の女性も、恋人となる男性も、かわいすぎず、かっこよすぎず、いい人過ぎず、等身大の恋愛が描かれていた。

【5段階評価】3

|

« (1382) ゼロ・グラビティ | トップページ | (1384) SUPER8 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1383) ピース オブ ケイク:

« (1382) ゼロ・グラビティ | トップページ | (1384) SUPER8 »