« (1379) 100回泣くこと | トップページ | (1382) ゼロ・グラビティ »

2016年7月 9日 (土)

(1380) ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵

【監督】窪岡俊之
【出演】岩永洋昭(声)、櫻井孝宏(声)、行成とあ(声)
【制作】2012年、日本

三浦建太郎原作漫画のアニメ化作品。

剣技に秀でる荒くれの傭兵、ガッツ(岩永洋昭)は、鷹の団の長、グリフィス(櫻井孝宏)に見初められる。グリフィスはガッツとの一騎打ちに勝利し、彼を鷹の団に引き入れる。
グリフィスはガッツの活躍もあり連戦連勝で名をあげる。一方でグリフィスは、自らの出世の障害となるユリウス(小山力也)の暗殺をガッツに命じ、ガッツは苦労しながらも成功させる。ガッツの決死の暗殺作戦の中、グリフィスはミッドランド王国の王女、シャルロット(豊崎愛生)に急接近するのだった。

漫画と異なり、時系列的にガッツとグリフィスの出会いを描いている。ノスフェラトウ・ゾッド(三宅健太)が唯一の魔物として登場。単なる戦記物ではない作品を予感させるが、後々のダークファンタジー的展開に比べると、人間的な世界を描いた内容であり、少々物足りなさを感じた。
WOWOWで本作のみ無料放送されたが、続編にはいつお目にかかれることやら。

【5段階評価】3

|

« (1379) 100回泣くこと | トップページ | (1382) ゼロ・グラビティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1380) ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵:

« (1379) 100回泣くこと | トップページ | (1382) ゼロ・グラビティ »