« (1371) ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 | トップページ | (1373) オデッサ・ファイル »

2016年6月30日 (木)

(1372) 限りなき追跡

【監督】ラウール・ウォルシュ
【出演】ロック・ハドソン、ドナ・リード、フィル・ケイリー、レオ・ゴードン
【制作】1953年、アメリカ

婚約者を悪党に奪われた男の執念の追跡を描いた西部劇。

美しい娘、ジェニファー(ドナ・リード)は、愛する男性との結婚を明日に控え、馬車で彼の農場を目指していた。馬車に同乗していたスレイトン(フィル・ケイリー)は彼女に言い寄ろうとするが、相棒のジェス(レオ・ゴードン)にたしなめられる。道中の宿で一晩を過ごすジェニファーのもとに、婚約者のウォレン(ロック・ハドソン)が現れる。彼女を待ちきれず、迎えに来たのだった。
スレイトンは悪党で、護衛隊に化けた仲間とともに乗っている馬車を強奪。ウォレンはスレイトンの手下に撃たれてしまい、スレイトンはジェニファーを連れて逃げ去る。
ジェスに粗暴な行動をとがめられたスレイトンは、ジェスを縛り上げて立ち去る。そこに、昏倒から目覚めたウォレンが通りかかり、二人でスレイトンを追うことにする。
途中でスレイトンに恨みを持つ先住民のジョハシュ(パット・ホーガン)が仲間に加わり、さらにはスレイトンに捨てられた女性、ステラ(ロバータ・ヘインズ)を味方につく。
4人はついにスレイトンに追いつく。女性を連れた逃亡に嫌気がさしたスレイトンの手下は、ジェスと交換にジェニファーをウォレンに返すよう提案。スレイトンはそれに従い、ジェニファーはウォレンのもとに、ジェスはスレイトンのもとに戻るが、スレイトンは容赦なくジェスを撃ち殺してしまう。スレイトンに激怒したウォルターは、ジェニファーの止めるのを聞かず、ジョハシュとともにスレイトンを追う。ステラはスレイトンに撃ち殺されてしまうが、ウォレンとジョハシュもスレイトンの手下を次々に倒し、ついにスレイトンとウォルターの一騎打ちとなる。スレイトンはウォレンに銃を向けるが、最期はジョハシュの放ったナイフがスレイトンの背中を貫き、スレイトンはついに倒される。

1.5時間弱の短い作品だが、スピーディな展開で楽しめた。
悪役がヒロインの女性をなかなか襲わなかったり、死んだと思われていた主人公があっさりと息を吹き返したり、最後はなぜ銃撃戦ではなく殴り合いだったり、しかも農場主が悪党に殴り勝ったりするのだが、このへんはお約束である。

【5段階評価】3

|

« (1371) ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 | トップページ | (1373) オデッサ・ファイル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1372) 限りなき追跡:

« (1371) ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 | トップページ | (1373) オデッサ・ファイル »