« (1368) HK 変態仮面 | トップページ | (1370) 信さん 炭坑町のセレナーデ »

2016年6月27日 (月)

(1369) 海街diary

【監督】是枝裕和
【出演】綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すず、大竹しのぶ
【制作】2015年、日本

吉田秋生原作漫画の劇場版。3人姉妹と腹違いの妹の家族模様を描いた作品。

鎌倉の古い一軒家で暮らす香田幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)のもとに、女を作って家を出た父親の訃報が舞い込む。葬儀に臨んだ3人は、腹違いの妹、すず(広瀬すず)と出会う。
幸はすずに、一緒に暮らそうと告げ、4人の暮らしが始まる。幸と佳乃の口げんかや三人三様の恋愛の雰囲気を感じながら、すずはけなげに成長していく。だらしない母親(大竹しのぶ)と幸は大げんかをしながらも打ち解ける兆しを見せる。
仲のよかった定食屋のおかみさん(風吹ジュン)の葬儀に臨んだ四人は、仲良く海岸を歩くのだった。

どろどろした恋愛も、悲劇的な死も描かれず、穏やかな映画。4人の女優の美しさにみとれて満足する作品。どちらかというと不思議ちゃん系の役どころが多い綾瀬はるかがしっかり者の長女を演じたり、演技もちゃんとしているので、楽しめた。夏帆はかわいいのに、なんだかブサイクキャラのようになっていたのがやや残念。

【5段階評価】3

|

« (1368) HK 変態仮面 | トップページ | (1370) 信さん 炭坑町のセレナーデ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1369) 海街diary:

« (1368) HK 変態仮面 | トップページ | (1370) 信さん 炭坑町のセレナーデ »