« (1365) ダンス・ウィズ・ウルブズ | トップページ | (1367) シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム »

2016年6月23日 (木)

(1366) 亜人 -衝動-

【監督】安藤裕章
【出演】宮野真守(声)、櫻井孝宏(声)、小松未可子(声)、大塚芳忠(声)
【制作】2015年、日本

桜井画門の漫画が原作のアニメ作品。不死の生物、亜人である少年の運命を描いている。

高校生の永井圭(宮野真守)は、ある日、トラックに轢かれ、無残な轢死体となるが、そのまま復活してトラックから這い出てくる。圭は亜人だった。亜人を捕らえた者には1億円の報償が出ることから、彼は心ない人たちの標的となる。
彼を救ったのは幼なじみの海斗(細谷佳正)に連絡し、逃亡する。途中、報奨金目当ての者どもに襲われながらも山中に潜む。
そこに、亜人の佐藤(大塚芳忠)から連絡が入る。彼は圭に普通の生活を約束すると嘘をつき、政府に引き渡す。圭を待っていたのは、激しい苦痛と死を与え続けられる凶悪な人体実験だった。佐藤は圭に人間に対する恨みを植え付けようとしたのだ。
しかし圭は、人間に対する憎悪の感情を持ちながらも、彼らを殺さない道を選ぶ。圭は研究施設に乗り込んできた佐藤と決別するのだった。

映像の質が高く、実写の特撮を見ているような見応えがあった。これを見てしまうと「名探偵コナン」のような子供向けアニメの映像は物足りない。
第3部まである作品の第1部なので、続編を期待させる終わり方であり、本作だけで満足できる内容とは言えないが、次作もぜひ見てみたいと思えるできばえだった。

【5段階評価】4

|

« (1365) ダンス・ウィズ・ウルブズ | トップページ | (1367) シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1366) 亜人 -衝動-:

« (1365) ダンス・ウィズ・ウルブズ | トップページ | (1367) シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム »