« (1364) アメイジング・スパイダーマン2 | トップページ | (1366) 亜人 -衝動- »

2016年6月22日 (水)

(1365) ダンス・ウィズ・ウルブズ

【監督】ケビン・コスナー
【出演】ケビン・コスナー、メアリー・マクドネル、グラハム・グリーン
【制作】1990年、アメリカ

第63回アカデミー賞作品賞受賞作品。

南北戦争時代のアメリカ。ジョン・ダンバー中尉(ケビン・コスナー)は、戦地での無謀ともいえる囮の役を買って出た功績を認められ、自ら勤務地を選ぶ権利を得る。彼はひとけのない荒野を任務地に選び、単身で生活を始める。
そこには派手な入れ墨をした野蛮なインディアン、ポーニー族と、理知的な会議制の自治をするインディアン、スー族のいる土地だった。ダンバーは、スー族で暮らす白人女性、拳を握って立つ女(メアリー・マクドネル)を介抱したことがきっかけとなり、スー族と打ち解けるようになる。
やがて彼は、一匹のオオカミと仲良くなり、スー族から「ダンス・ウィズ・ウルブズ」と呼ばれるようになる。
彼らが居住地を移動する際、ジョンは一人、米軍兵に捕らえられてしまう。しかし、勇敢なスー族の仲間が彼を救出する。
ジョンは、米軍が自分を探せばスー族にも被害が及ぶと考え、妻にした白人女性とともに、仲間と離れるのだった。

インディアンとの激しい戦闘、バッファローを狩るダイナミックな映像など、見所はありつつも、全体的には主人公の落ち着いた独白の挿入の効果もあって、物静かでおごそかな作品になっている。アカデミー作品賞らしい壮大な作品。
この手の作品では、主人公が悲劇的な最期を遂げるのがありがちだが、本作ではそうはならず、妻との暮らしを続けることが示唆されて終わる。

【5段階評価】4

|

« (1364) アメイジング・スパイダーマン2 | トップページ | (1366) 亜人 -衝動- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1365) ダンス・ウィズ・ウルブズ:

« (1364) アメイジング・スパイダーマン2 | トップページ | (1366) 亜人 -衝動- »