« (1362) 白ゆき姫殺人事件 | トップページ | (1364) アメイジング・スパイダーマン2 »

2016年6月20日 (月)

(1363) 名探偵コナン 業火の向日葵

【監督】静野孔文
【出演】高山みなみ(声)、山崎和佳奈(声)、山口勝平(声)
【制作】2015年、日本

名探偵コナンシリーズ第19作。ゴッホの名画、ひまわりを巡る事件を描いた作品。「名探偵コナン 異次元の狙撃手」の続編。

富豪の鈴木次郎吉(富田耕生)が名画のゴッホを集めて鍾乳洞に作られた美術館に展示すると発表。怪盗キッド(山口勝平)が犯行予告を繰り返すが、コナン(高山みなみ)の活躍もあり、展示が開始される。
そこに真犯人が現れ、美術館は火に包まれる。真犯人はスタッフの一人、宮台なつみ(榮倉奈々)。贋作が真作と並ぶのが許せなかったのが動機。コナンはキッドとともに蘭(やまざきわかな)を助けながら崩壊する美術館を脱出。ゴッホの絵画も無事だった。

長い割に中身の薄い作品だった。真犯人を特定する伏線もほとんど見当たらないし、動機もあまりに希薄。セキュリティ万全の美術館なのに、火事で崩壊するわ、絵は引っかかって安全な場所に運ばれないわ。仮にも推理もので、ここまで現実性がないと、バカバカしくて見てられないのだった。

【5段階評価】2

|

« (1362) 白ゆき姫殺人事件 | トップページ | (1364) アメイジング・スパイダーマン2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1363) 名探偵コナン 業火の向日葵:

« (1362) 白ゆき姫殺人事件 | トップページ | (1364) アメイジング・スパイダーマン2 »