« (1353) 娚の一生 | トップページ | (1355) ソロモンの偽証 前篇・事件 »

2016年6月 2日 (木)

(1354) パシフィック・リム

【監督】ギレルモ・デル・トロ
【出演】チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ
【制作】2013年、アメリカ

地底の怪獣と戦う人々を描いたSF映画。

日本の怪獣映画に触発された作品で、怪獣と戦うのは二人乗りのロボット兵器。イェーガー。
主人公のローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)は、かつての相棒であった兄(ディエゴ・クラテンホフ)を失うが、森マコ(菊地凛子)と再びイェーガーに搭乗する。
地底人が送り込む強大な敵を倒すため、二人は海底に潜り込む。ローリーは先にマコを脱出ポッドで海上へ送り出すと、爆弾を起爆させ、自らもぎりぎりで脱出。地底人は倒され、地上に平和が訪れる。

特撮はよくできているのだが、上官が自爆して活路を開き、主人公は生き残るという、お定まりのパターン。どうも感情移入ができなかった。要するに自分はロボットものがそれほど好きではないということなんだろう。

【5段階評価】2

|

« (1353) 娚の一生 | トップページ | (1355) ソロモンの偽証 前篇・事件 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1354) パシフィック・リム:

« (1353) 娚の一生 | トップページ | (1355) ソロモンの偽証 前篇・事件 »