« (1334) イエスマン "YES"は人生のパスワード | トップページ | (1336) るろうに剣心 京都大火編 »

2016年2月25日 (木)

(1335) リターナー

【監督】山崎貴
【出演】金城武、鈴木杏、岸谷五朗、樹木希林
【制作】2002年、日本

宇宙人の侵略から地球を守るために未来から来た少女と、現代を生きる青年の活躍を描いた作品。

宇宙人の侵略に怯える未来から、一人の少女、ミリ(鈴木杏)が時空を超えて現代に現れる。
闇取引の現場から、不法な金を奪い取った男、ミヤモト(金城武)は、宿敵の溝口(岸谷五朗)を追い詰めるが、そこにミリが現れ、溝口は隙を突いて逃げる。
ミリから話を聞いたミヤモトは、情報屋のばあさん(樹木希林)の協力のもと、宇宙人に迫る。
宇宙人は悪者ではなく、溝口が金儲けのために宇宙人の子供を監禁していたため、宇宙人が地球に戦争を挑んでいたのだった。
それを知ったミリは、ミヤモトと協力して宇宙人を奪還し、宇宙人に返す。
ミヤモトは、自分の親友を奪った溝口に復讐を果たすが、ミリは未来へと戻ってしまうのだった。

ターミネーター2」のようなテイストもあり、特撮はわりとよくできていた。金城武の演技が、若干大根臭かったのが気になった。

【5段階評価】3

|

« (1334) イエスマン "YES"は人生のパスワード | トップページ | (1336) るろうに剣心 京都大火編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1335) リターナー:

« (1334) イエスマン "YES"は人生のパスワード | トップページ | (1336) るろうに剣心 京都大火編 »