« (1326) ナイト&デイ | トップページ | [EQ2]「再訪、アイシーキープ」ソロ攻略 »

2015年12月16日 (水)

(1327) 図書館戦争

【監督】佐藤信介
【出演】榮倉奈々、岡田准一、福士蒼汰、田中圭、石坂浩二
【制作】2013年、日本

有川浩が原作の小説の実写映画化作品。図書の取り締まりを強化する部隊に抵抗する図書館側の部隊の男女の恋愛を描いている。

元号が「正化」となり、国は、悪質なメディアを取り締まる「メディア良化法」を成立させる。
これに抵抗した図書館は、図書隊を結成。両者の武力抗争が始まる。
図書隊に入った笠原郁(榮倉奈々)は、上官の堂上篤(岡田准一)にしごかれながら、特殊部隊に入隊。彼女は高校生の頃に出会った図書隊員に憧れて図書隊に入ったのだが、その図書隊員が実は堂上だった。
彼女はそのことは知らず、堂上と周囲は、郁のあこがれが堂上であることを知っているのだった。
小田原の図書館主の死亡に伴い、良化隊と図書隊の衝突が本格化。基地司令の仁科(石坂浩二)の護衛をしていた郁は良化隊に拉致されてしまう。
堂上は、同僚の小牧(田中圭)とともに二人が幽閉された立川の書店跡に向かい、死闘の末、仁科と郁を救い出す。
郁は、堂上の手のぬくもりから、彼があこがれの図書隊員ではないかと予感するのだった。

パラレルワールドものだが、図書を巡って起こる戦闘という現実感のなさが際立ち、感情移入の難しい作品だった。
戦闘も、土嚢を積んだバリケードに、ただただ銃を撃ちまくるという迫真性に欠ける内容で、見ていて辟易としてしまった。
余命1ヶ月の花嫁」の榮倉奈々は泣けたが、本作は今ひとつだった。

【5段階評価】2

|

« (1326) ナイト&デイ | トップページ | [EQ2]「再訪、アイシーキープ」ソロ攻略 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1327) 図書館戦争:

« (1326) ナイト&デイ | トップページ | [EQ2]「再訪、アイシーキープ」ソロ攻略 »