« (1312) 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 | トップページ | (1314) 時をかける少女 »

2015年10月17日 (土)

(1313) ダレン・シャン

【監督】ポール・ワイツ
【出演】クリス・マッソグリア、ジョシュ・ハッチャーソン、ジョン・C・ライリー
【制作】2009年、アメリカ

ファンタジー小説、ダレン・シャンの映画化作品。

優等生のダレン・シャン(クリス・マッソグリア)は、悪友のスティーブ(ジョシュ・ハッチャーソン)と、ミスター・トール(渡辺謙)が座長のサーカスを見に行く。ダレンはそこで、毒蜘蛛のマダム・オクタに心を奪われ、楽屋に忍び込んで盗んでしまう。そこにフリークスの演者、クレスプリー(ジョン・C・ライリー)らが入ってきたため、ダレンは慌てて身を隠す。すると、部屋にスティーブが現れ、自分をバンパイアにしてほしいとクレスプリーに頼む。クレスプリーはスティーブを追い払う。
部屋を逃げ出したダレンは、翌日、学校にマダム・オクタを持って行くが、それをスティーブに見つかる。マダム・オクタはスティーブにかみつき、スティーブは瀕死の状態になる。
ダレンは、クレスプリーに解毒剤をくれるよう頼むが、クレスプリーはダレンが半バンパイアになることを条件にする。ダレンは友のため、その条件を飲む。ダレンは死んだことにされ、葬儀が営まれるが、その晩、クレスプリーが埋葬されたダレンを掘り起こすと、彼をミスター・トールのいる集落へと連れて行く。ダレンはそこで、モンキー・ガールのレベッカ(ジェシカ・カールソン)と知り合う。
スティーブは、残虐なバンパイア、バンパニーズの仲間となり、ダレンと対立する。バンパニーズたちは、ミスター・トールの集落に現れ、レベッカをさらい、さらにはダレンの家族も誘拐し、ダレンをおびき寄せる。
戦争を好む黒幕、タイニー(マイケル・セルベリス)は、半バンパイアのダレンと半バンパニーズのスティーブとの戦いに興奮するが、二人の真の戦いはまだ先だ、と諫め、スティーブを連れて立ち去る。ダレンは助け出したレベッカと口づけを交わし、バンパイアの仲間となる。

少年向けの魔法ファンタジーものかと思いきや、バンパイア同士の戦いがテーマであり、「ハリー・ポッター」のようなコミカルさと「アンダーワールド」のようなダーク・ファンタジーを遭わせたような作品だった。ただ、全体的に登場人物がグロテスクで悪趣味なので、人気が出なかったのもしかたないだろう。日本人俳優、渡辺謙のほかに、「プラトーン」のウィレム・デフォーも出演しており、特撮もけっこうしっかり作られているのだが、もったいない作品だ。

【5段階評価】3

|

« (1312) 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 | トップページ | (1314) 時をかける少女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1313) ダレン・シャン:

« (1312) 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 | トップページ | (1314) 時をかける少女 »