« (1283) ロボジー | トップページ | (1285) センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 »

2015年5月31日 (日)

(1284) トリック劇場版 ラストステージ

【監督】堤幸彦
【出演】仲間由紀恵、阿部寛、東山紀之
【制作】2014年、日本

「トリック」劇場版第4作。スンガイ共和国の呪術師の呪いに、上田と山田が挑む。

大学教授の上田(阿部寛)は、村上商事の社員、加賀美慎一(東山紀之)の依頼で、スンガイ共和国に向かうことになる。そこには、村上商事が開発しようとしているレアアースの採掘場があり、それを土地の呪術師が阻んでいるというのだ。加賀美は上田に、呪術師のいかさまを見破って欲しいと依頼する。
上田は、マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)を連れて現地に入る。そこでは、商事の開発担当者(中村育二)やおかまの医者(北村一輝)が、呪術師の呪いで死んでいく。しかし、山田は、それらが全て、加賀美と現地人たちの仕組んだ狂言であることを見抜く。
加賀美には重い病にかかった娘がいたが、現地の呪術師の力で回復していた。呪術師には霊能力があるわけではなく、現地の豊かな自然の中から、加賀美の娘の病に効く薬を見つけ出していたのだった。加賀美は、現地の自然を守るため、上田に呪術師の力を認めさせようとしていたのだった。加賀美はそれを認め、加賀美の企みは失敗に終わる。
ところが現地の呪術師(水原希子)は、医者に銃で撃たれた傷がもとで死んでしまう。呪術師から、現地の人を守って欲しいと頼まれた山田は、自ら呪術師の役割を引き受ける。それは、地中から発生するガスが地上で大爆発しないよう、地下の洞窟で火を付ける役割を担うというものだった。上田に別れを告げ、山田は洞窟で大爆発を発生させる。
一年後、山田との再会を望む上田のもとに、記憶を失った山田が現れる。彼女は14年前、初めて上田に会ったときのように、自らの手品を上田に披露するのだった。

パロディ満載のギャグが連発しながらも、最後には多少強引ながらも、謎を解き明かしていくというカタルシスは本作でも健在。最後は、上田と山田の長いつきあいがフラッシュバックし、ファンにはたまらない仕上がりになっているものの、ファンでない自分には、何だかよく分からないが終わったか、という感じだった。

【5段階評価】3

|

« (1283) ロボジー | トップページ | (1285) センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1284) トリック劇場版 ラストステージ:

« (1283) ロボジー | トップページ | (1285) センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 »