« (1281) ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~ | トップページ | (1283) ロボジー »

2015年5月29日 (金)

(1282) アンストッパブル

【監督】トニー・スコット
【出演】デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ジェシー・シュラム
【制作】2010年、アメリカ

暴走列車を停止させるために命を賭ける乗務員の活躍を描いた作品。

新米車掌のウィル(クリス・パイン)は、妻ダーシー(ジェシー・シュラム)の浮気を過剰に疑ったため、接見禁止を言い渡されている状態。妻との関係に気もそぞろの彼は、ベテラン運転士のフランク(デンゼル・ワシントン)と初めて組む。
その頃、整備係の不注意で、有毒物質を積んだ貨物列車が、無人のまま力行を始めてしまう。株価の低下を気にするガルビン部長(ケビン・ダン)は、前方に機関車を走らせ、それを減速させて停止させようとするが、作戦は失敗し、前を走る機関車は大破。運転士は死亡する。操車場を仕切る女性、コニー(ロザリオ・ドーソン)は、ガルビンのやり方に業を煮やす。暴走列車に向かって本線を走っていたフランクは、何とか修理線で暴走列車をやりすごすと、追いかけて後ろから連結し、速度を落とそうとする。ガルビンはやめさせようとするが、コニーはフーパーに協力。ウィルの誘導で連結に成功するが、列車は速度を落とさない。足を痛めたウィルに代わって、フランクが貨車の手動ブレーキを働かせるが、それでも列車は止まらない。そこにベテランの溶接工主任、ネッド(リュー・テンプル)が小型トラックで現れ、ウィルをトラックに飛び移らせると、前方の機関車に彼を送り込む。何とか機関車に飛び移ったウィルが列車を停止させ、悲劇の発生は防がれる。
ニュースでウィルの活躍を知ったダーシーは、現場に駆けつけ、無事だったウィルと熱い抱擁を交わす。退職を言い渡されていたフランクも退職は取り消しとなり、ガルビンは解雇されてコニーが後任となるのだった。

鉄道を題材にしたパニックムービー。線路の上しか走らない列車では、展開のバリエーションを付けづらいが、本作では、列車を停止させる作戦をいくつか見せながら、スタントンの巨大カーブでの立ち回りがクライマックス。盛り上げるために有毒物質だの発火性の物質だの、と何でもありだが、映像にはなかなか迫力があった。

【5段階評価】4

|

« (1281) ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~ | トップページ | (1283) ロボジー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1282) アンストッパブル:

« (1281) ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~ | トップページ | (1283) ロボジー »