« (1280) ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~ | トップページ | (1282) アンストッパブル »

2015年5月28日 (木)

(1281) ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~

【監督】寺本幸代
【出演】水田わさび(声)、大原めぐみ(声)、相武紗季(声)
【制作】2007年、日本

劇場版ドラえもんシリーズ第27作。魔法の世界で悪魔と戦うのび太たちの活躍を描いた作品。

野球でドジをし、部屋の片付けで怒られ、踏んだり蹴ったりののび太(大原めぐみ)は、もしもボックスで魔法の世界を実現させる。期待に胸を膨らませるのび太とドラえもんだったが、のび太はそこでも魔法使いとしては落ちこぼれで、物体浮遊や法規で空を飛ぶこともできないままだった。
その世界に、悪魔の手が及ぶ。のび太たちは、満月博士(河本準一)と美夜子(相武紗季)とともに悪魔に立ち向かう。悪魔の一味の一人、メジューサ(久本雅美)は、美夜子の母親だった。病弱だった美夜子を救うため、悪魔に魂を売ってしまっていたのだ。メジューサは最後に母親の姿に戻るが、体はこの世から消え去ってしまう。巨大化した悪魔、デマオン(銀河万丈)がのび太たちに襲いかかるが、デマオンの心臓である赤い月に、のび太が銀のダーツを打ち込み、デマオンは滅びる。のび太たちは、再び、魔法のない元の世界に帰るのだった。

のび太が物体浮遊の魔法を唱えると、しずかちゃんのスカートが浮き上がってパンツが見える、というくだりが3回ぐらい登場。初の女性監督、寺本幸代の趣向でないとしたら、脚本を担った真保裕一の趣味だろうか。かわいそうなしずかちゃんである。美夜子もかなり大胆なミニスカートだが、パンチラは(たぶん)ない。

【5段階評価】3

|

« (1280) ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~ | トップページ | (1282) アンストッパブル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1281) ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~:

« (1280) ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~ | トップページ | (1282) アンストッパブル »