« (1276) ツレがうつになりまして。 | トップページ | (1278) 仁義なき戦い »

2015年4月30日 (木)

(1277) 妖怪人間ベム

【監督】狩山俊輔
【出演】亀梨和也、杏、鈴木福、筒井道隆、観月ありさ
【制作】2012年、日本

アニメ番組「妖怪人間ベム」の実写版。人間を救うことに使命感を燃やす妖怪人間の活躍を描く。

製薬会社に勤める上野達彦(筒井道隆)は、妻の小百合(観月ありさ)とともに新薬の開発をしていたが、薬には重大な副作用があることを社長(中村橋之助)に訴える。社長は多くの人の命を救うことを大義名分に、達彦の車に細工をして事故を起こさせ、小百合は死んでしまう。達彦は小百合の口に、持っていた葉の汁をたらし、小百合は息を吹き返す。達彦は、かつてベムたちが救った少年であり、持っていた葉は、妖怪を作り出す効力を持っていた。
小百合は妖怪人間に変貌し、徐々に悪の心にむしばまれていく。達彦と小百合の一人娘、みちる(畠山彩奈)の運動会を見届けた小百合一家を亡き者にしようと、社長は3人を溶鉱炉に連れ込むが、小百合の妖怪人間としての真の力が覚醒し、巨大なモンスターとなる。
ベム(亀梨和也)たちは社長を逃がすと、モンスターと死闘を演じ、小百合の妖怪としての能力を取り去る。小百合は人間に戻るが、それは彼女の死を意味していた。
ベム、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)の3人は、再び夜の闇に消えていくのだった。

ベム役の亀梨和也は、原作アニメを無視したイケメン設定。なぜか声を押しつぶしてしゃべるのだが、何のキャラ作りだったんだろう。ベラ役は杏。ベラ顔だから選びました、という、ここだけ妙にハマり役。杏に失礼な感あり。ベロ役は福くん。福くんキャラ全開。
お約束のように溶鉱炉が崩れ出したり、お手軽なシナリオの娯楽作品ではあるのだが、みちるに見守られながら、妖怪人間に変身して走り去っていく姿はそれなりに感動的だった。

【5段階評価】3

|

« (1276) ツレがうつになりまして。 | トップページ | (1278) 仁義なき戦い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1277) 妖怪人間ベム:

« (1276) ツレがうつになりまして。 | トップページ | (1278) 仁義なき戦い »