« (1274) 風俗行ったら人生変わったwww | トップページ | (1276) ツレがうつになりまして。 »

2015年4月27日 (月)

(1275) シン・シティ

【監督】ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
【出演】ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、クライブ・オーウェン
【制作】2005年、アメリカ

犯罪の街、シン・シティを舞台に繰り広げられるハード・アクション。モノトーンの映像を基調にした、ハイセンスな作品になっている。

少女の連続暴行魔、ロアーク・ジュニア(ニック・スタール)を追う刑事、ハーティガン(ブルース・ウィリス)は、ジュニアを追い詰め、手と股間を銃で撃つが、強大な政治力を持つ父親の力により、ハーティガンは相棒のボブ(マイケル・マドセン)に撃たれてしまう。
場面は変わり、ゴールディ(ジェイミー・キング)という女性と夢のような一夜を過ごす男、マーブ(ミッキー・ローク)が現れる。しかし、ゴールディはいつの間にか殺されており、殺人の濡れ衣を着せられようとしていたマーブは逃走。ゴールディの復讐を誓う。ゴールディの双子の姉妹、ウェンディ(ジェイミー・キング、二役)とともに、ゴールディを殺した殺人鬼(イライジャ・ウッド)の首を取ったマーブは、ロアーク枢機卿(ルトガー・ハウアー)への復讐を果たすが、駆け込んだ警官に捉えられ、最後は死刑となる。
次の主人公は、ガンマンのドワイト(クライブ・オーウェン)。暴力的な男、ジャッキー・ボーイ(ベニチオ・デル・トロ)につきまとわれているシェリー(ブリタニー・マーフィ)を助け、ジャッキー・ボーイを追い返すが、彼の凶暴性を危険視し、後を追う。ジャッキー・ボーイは、娼婦が統治する街に入り、娼婦のベッキー(アレクシス・ブレデル)に声をかけるが、無視されると銃を向けて彼女を脅したため、街の用心棒、ミホ(デボン青木)に手を切り落とされ、最後は殺される。しかし、持ち物を確認したドワイトたちは、彼が警察官であったことを知り、驚愕する。街の自治は、警察には手を出さないことで守られていたのだ。ドワイトは、死体の運搬を買って出るが、ベッキーの裏切りにより危険に晒される。ミホの助力により死地を脱したドワイトは、街を仕切る恋人のゲイル(ロザリオ・ドーソン)のもとに戻り、街を乗っ取ろうとしていた一味を殲滅し、ゲイルを助ける。
そして話はハーティガンに戻る。一命を取り留めるも、収監され、濡れ衣を着せられようとしていたハーティガンは、救った少女、ナンシーを守るため、黙秘を通し続けていたが、ナンシーの指が封書で送られてきたため、彼女を救うために嘘の自白をして罪を認め、出獄する。
ナンシーは美しい女性(ジェシカ・アルバ)となって彼の前に現れるが、ロアーク・ジュニアは父親の金に糸目の付けない手術により、イエロー・バスタードとなって蘇り、再びナンシーをさらう。ハーティガンは後を追ってイエロー・バスタードを殺し、再び彼女を救い出す。しかし、自分が生きている限り、ロアーク議員の手がナンシーに及ぶことは避けられないと考えたハーティガンは、ナンシーを見送ると自殺する。
そしてシン・シティでは、新たな犯罪が今日も起ころうとするのだった。

首をはねたり、手首が飛んだり、グロテスクなシーンもあるが、モノトーンの映像により、ドギツさは抑えられ、スタイリッシュである。万人受けする作品ではないが、絶望的な巨悪に復讐を成し遂げるシーンが痛快。出演陣も豪華だった。

【5段階評価】4

|

« (1274) 風俗行ったら人生変わったwww | トップページ | (1276) ツレがうつになりまして。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1275) シン・シティ:

« (1274) 風俗行ったら人生変わったwww | トップページ | (1276) ツレがうつになりまして。 »