« (1271) ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス | トップページ | (1273) 世田谷区、39丁目 »

2015年4月13日 (月)

(1272) かぐや姫の物語

【監督】高畑勲
【出演】朝倉あき(声)、地井武男(声)、宮本信子(声)、高良健吾(声)
【制作】2013年、日本

スタジオジブリ制作のアニメ作品。日本の昔話、竹取物語を題材にしている。

ある日、一人の翁(地井武男)が竹を取っていると、一本の光り輝く竹を発見。中にいた小さな女の子を家に持ち帰ると、その子はみるみる大きくなり、媼(宮本信子)の乳を飲んで成長し始める。
やがて美しく成長した娘(朝倉あき)は、幼なじみの近所の仲間たちと別れて都に赴き、かぐや姫と名付けられる。5人の男達がかぐや姫に求婚するが、かぐや姫は無理難題を言って男どもをはぐらかす。しかし、男の一人が無理をして死んだという話を聞き、ショックを受けたかぐや姫は屋敷を飛び出す。幼なじみの捨丸(高良健吾)との再会を喜ぶかぐや姫ではあったが、最後は別れを惜しむ翁と媼を捨て去り、月に帰って行くのだった。

一気に見せる作品であり、さすがはジブリ作品と思ったが、基本的には悲しい物語であり、ラストシーンもやや難解だった。大人向けの作品だろう。

【5段階評価】3

|

« (1271) ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス | トップページ | (1273) 世田谷区、39丁目 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1272) かぐや姫の物語:

« (1271) ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス | トップページ | (1273) 世田谷区、39丁目 »