« (1261) 宇宙戦艦ヤマト | トップページ | (1263) ダイ・ハード/ラスト・デイ »

2015年2月 6日 (金)

(1262) 極道の妻たち

【監督】五社英雄
【出演】岩下志麻、かたせ梨乃、世良公則
【制作】1986年、日本

任侠の道に生きる女の人生を描いた作品。

粟津環(岩下志麻)は、服役中の粟津組組長、粟津等(佐藤慶)の妻。妹の真琴(かたせ梨乃)には極道の世界に入って欲しくないと、縁談を持ちかけるが、真琴はやくざの杉田(世良公則)の強引なアプローチに惹かれていく。
環は真琴が杉田の元に向かうのを必死で止めるが、真琴の意志の強さを知り、応援することにする。杉田は、真琴との再会を喜ぶが、真琴をやくざの道に引きずり込んだ杉田を怨む清野(清水宏次郎)に刺し殺される。真琴は幸せから不幸の奈落に一気にたたき落とされ、放心する。
仮釈放となった粟津等だったが、環の目の前で、杉田組の組員、花田太一(竹内力)に撃たれて命を落とす。

杉田が、真琴の乳房をまさぐったまま命を落とすシーンが印象的。役者の関西弁がへたくそなのが耳障りだし、やくざ同士の抗争で次々と互いを殺し合うのが何とも安直というか、記号的な描き方ではあるのだが、一般人には縁のない世界を分かりやすく描いている、とも言える。

【5段階評価】4

|

« (1261) 宇宙戦艦ヤマト | トップページ | (1263) ダイ・ハード/ラスト・デイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1262) 極道の妻たち:

« (1261) 宇宙戦艦ヤマト | トップページ | (1263) ダイ・ハード/ラスト・デイ »