« (1256) 極道の妻たち 三代目姐 | トップページ | (1258) エクスペンダブルズ2 »

2015年1月28日 (水)

(1257) 座頭市

【監督】北野武
【出演】ビートたけし、浅野忠信、柄本明、ガダルカナル・タカ
【制作】2003年、日本

勝新太郎の名作、「座頭市」を題材に、北野武監督が新たに作り上げた作品。

あんま師の座頭市(ビートたけし)は、凄腕の侠客。かつて、家族を皆殺しにされ、復讐の旅をしている姉弟、おきぬ(大家由祐子)、おせい(橘大五郎)に出会い、賭場で知り合った新吉(ガダルカナル・タカ)とともに、彼らに協力する。
おきぬらの家族を殺した犯人、銀蔵(岸部一徳)の雇った用心棒、浪人の服部源之助(浅野忠信)もまた、凄腕の持ち主だったが、市の敵ではなかった。黒幕も含めて悪者は一掃され、町は祭りで盛り上がるのだった。

殺陣のシーンは血しぶきが飛び、刃傷が刻まれるグロテスクな描写だが、迫力がある。ただ斬りつけるだけではなく、竹槍を割ったり、ふすまの下から刺したりとバリエーションがあり、痛快。
農作業や大工仕事の音を音楽のように聴かせる演出も楽しい。エンターテインメントのツボを心得ている。THE MANZAIでのボケっぷりは、あんまり面白くないんだけど、やはり天性の素質がある人だなと思う。

【5段階評価】4

|

« (1256) 極道の妻たち 三代目姐 | トップページ | (1258) エクスペンダブルズ2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1257) 座頭市:

« (1256) 極道の妻たち 三代目姐 | トップページ | (1258) エクスペンダブルズ2 »