« (1245) ディープ・インパクト | トップページ | (1247) キャノンボール »

2015年1月 3日 (土)

(1246) RED/レッド

【監督】ロベルト・シュベンケ
【出演】ブルース・ウィリス、メアリー=ルイーズ・パーカー、モーガン・フリーマン
【制作】2010年、アメリカ

元CIAの腕利き諜報員が、かつての仲間や宿敵とともに、自らの命を狙う集団と戦う様子を描いたアクション・コメディ。

年金生活者のフランク(ブルース・ウィリス)は、年金電話係のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)にほのかな恋心を抱く退役者。ある日、彼の自宅に、突然、特殊部隊が現れ、彼を暗殺しようとするが、フランクは見事に彼らを返り討ちにし、その場を後にする。サラに危険が及ぶと考えたフランクは、サラのもとを訪ねるが、そこにも刺客が現れたため、彼はサラをつれて逃走する。
フランクは退役した元CIAの優秀な諜報員。彼は現職の副大統領、ロバート・スタントン(ジュリアン・マクマホン)が戦争中に犯した不祥事の秘密を握っていたため、命を狙われていたのだった。若手のCIA部員、クーパー(カール・アーバン)はフランクとの死闘を繰り返すうち、悪者は黒幕の武器商人、ダニング(リチャード・ドレイファス)であることを悟る。
サラを人質に取られたフランクは、彼女を救うために引き渡しの現場に現れるが、最後はクーパーの機転により、ダニングを倒す。

元ソ連のスパイが味方になったり、老女となった女スナイパーが活躍したりと、シリアスなドラマというよりは、シニアによる痛快なアクションが売り。ご都合主義はご愛敬。
2010年当時、すでに55歳だったブルース・ウィリスにとっては適役といえるだろう。

【5段階評価】3

|

« (1245) ディープ・インパクト | トップページ | (1247) キャノンボール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1246) RED/レッド:

« (1245) ディープ・インパクト | トップページ | (1247) キャノンボール »