« (1186) キトキト! | トップページ | (1188) いつか誰かが殺される »

2014年8月11日 (月)

(1187) ダーク・シャドウ

【監督】ティム・バートン
【出演】ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、エバ・グリーン
【制作】2012年、アメリカ

ティム・バートンとジョニー・デップが組んだコメディ・ホラー。

バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)を愛する魔女のアンジェリーク(エバ・グリーン)は、バーナバスが自分を愛さないことを恨み、バーナバスを吸血鬼にして地中に埋めてしまう。
200年後に蘇ったバーナバスは、自分の屋敷に戻る。そこには、バーナバスの子孫、エリザベス(ミシェル・ファイファー)の一家が住んでいた。
エリザベスに自分がかつての主人であることを告げ、屋敷に住むことにしたバーナバスだったが、それにアンジェリークが気付く。アンジェリークは再び、バーナバスを我が物にしようとするが、バーナバスは拒否。アンジェリークは再びバーナバスを棺に閉じ込めようとするが、エリザベス一家の協力により、バーナバスはアンジェリークを倒す。
バーナバスは、かつての恋人、ジョゼット(ベラ・ヒースコート)と結ばれる。

よくできた特撮が楽しい作品。個人的にはツンデレ風の長女、キャロリン(クロエ・グレース・モレッツ)がよかった。最後の狼人間にはちょっと引いてしまったけれども。

【5段階評価】3

|

« (1186) キトキト! | トップページ | (1188) いつか誰かが殺される »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1187) ダーク・シャドウ:

« (1186) キトキト! | トップページ | (1188) いつか誰かが殺される »