« (1183) ノッティングヒルの恋人 | トップページ | (1185) 昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~ »

2014年8月 8日 (金)

(1184) ソナチネ

【監督】北野武
【出演】ビートたけし、勝村政信、寺島進、大杉漣、国舞亜矢
【制作】1993年、日本

北野武監督作品第4作。沖縄を舞台にヤクザ同士の抗争を描く。

ヤクザの抗争の手助けをするため、組長の村川(ビートたけし)は沖縄に向かう。ところが、それは村川組を壊滅させるための親分の罠だった。
手助けは不要だと言われた村川と子分達は、することもなく沖縄の海で子供のように戯れる。そこに、釣り人の格好をした殺し屋(南方英二)が音もなく現れ、村川組の組員を亡き者にしていく。村川は、自分を慕うようになった若い女、幸(国舞亜矢)と沖縄の組員、良二(勝村政信)を残し、敵対する阿南組に機関銃で乗り込む。
生き残った村川だったが、彼を待つ幸のもとには帰らず、車の中で自らの頭を打ち抜いて自殺する。

退廃的なムードを、いい大人が子供のように遊ぶシーンが引き立て、独特の印象を与えてくれる。冒頭で、みかじめ料を払わない雀荘の店主が、クレーンで吊り上げられ、海に沈められるシーンがあるが、2分沈めても死なないから3分にしてみよう、などと部下に命令するあたりは、捕まえた虫を水に沈めて死ぬかどうか試しているような無邪気さをたたえ、それが行為の残酷さを際立たせている。

【5段階評価】3

|

« (1183) ノッティングヒルの恋人 | トップページ | (1185) 昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1184) ソナチネ:

« (1183) ノッティングヒルの恋人 | トップページ | (1185) 昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~ »