« (1172) 北北西に進路を取れ | トップページ | (1174) キャスト・アウェイ »

2014年7月12日 (土)

(1173) ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島

【監督】マイケル・アップテッド
【出演】スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ウィル・ポールター
【制作】2010年、アメリカ

「ナルニア国物語」シリーズ第3弾。「ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛」の続編。

イギリスでの生活に退屈さを感じていたルーシー(ジョージー・ヘンリー)とエドマンド(スキャンダー・ケインズ)は、意地悪な性格のユースチス(ウィル・ポールター)とともに、ナルニアの世界に投げ出される。
カスピアン王(ベン・バーンズ)に合流した3人は、7人の貴族が残した剣を集める旅をともにする。旅の途中で、禁断の宝を手にしたユースチスは、火を吐くドラゴンの姿になってしまうが、彼はさまざまな活躍をする。ルーシーとエドマンドは、カスピアン王とともに、悪の誘惑に打ち勝ち、最後はユースチスが手にした7本目の剣の力により、魔を打ち払う。
そこに、ライオンの姿をしたアスラン王(リーアム・ニーソン)が現れる。ネズミの騎士、リーピチープ(サイモン・ペグ)は、二度と戻ることのかなわないアスラン王の領土へと向かい、3人はリーピチープとアスラン王に別れを告げ、イギリスの世界に戻るのだった。

いかにも冒険小説を映画化したという、わくわくするような映像が楽しい作品。特撮は「ハリー・ポッター」シリーズとも雰囲気が似ている。ハリー・ポッター・シリーズは、後半に向かって、どんどんシリアスになり、重苦しい展開になっていくが、本作も、主題は登場人物達の心の葛藤であり、若い兄弟の活躍が主題だった第1作に比べて暗いテーマ設定になっている。

【5段階評価】3

|

« (1172) 北北西に進路を取れ | トップページ | (1174) キャスト・アウェイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1173) ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島:

« (1172) 北北西に進路を取れ | トップページ | (1174) キャスト・アウェイ »