« (1170) フレフレ少女 | トップページ | (1172) 北北西に進路を取れ »

2014年7月 9日 (水)

(1171) 舟を編む

【監督】石井裕也
【出演】松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー
【制作】2013年、日本

三浦しをん原作小説の映画化作品。辞書編纂に取り組む人々を描いた作品。

玄武書房に勤める馬締(まじめ)(松田龍平)は、言葉に対するセンスを買われ、辞書編集部の荒木(小林薫)にスカウトされ、国語辞典「大渡海」の編纂に取り組むことになる。
やがて馬締は、大家の孫娘、香具矢(宮崎あおい)に恋をし、思いを遂げる。先輩社員の西岡(オダギリジョー)らの支援のもと、13年の時を経て大渡海は完成。監修者の松本(加藤剛)は故人となり、完成式には未亡人の千恵(八千草薫)が出席し、馬締をねぎらう。
馬締は香具矢と人生をともにすることを改めて誓うのだった。

パソコンなどが登場しつつも、紙と鉛筆で編集を進める古き良き時代のにおいがただよう作品。馬締の住むアパートも、昭和の香り漂う意匠で、この辺りの作り込みには好感が持てた。
原作もたまたま読んでいたのだが、言葉へのこだわりを感じつつも、少々軽薄な恋愛小説のような印象も持ったので、それに比べれば、映画のほうが重厚感があり、胸を打った。

【5段階評価】3

|

« (1170) フレフレ少女 | トップページ | (1172) 北北西に進路を取れ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1171) 舟を編む:

« (1170) フレフレ少女 | トップページ | (1172) 北北西に進路を取れ »