« (1168) スターシップ・トゥルーパーズ3 | トップページ | (1170) フレフレ少女 »

2014年7月 7日 (月)

(1169) ハンガー・ゲーム

【監督】ゲイリー・ロス
【出演】ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン
【制作】2012年、アメリカ

24人の若者が殺し合うゲームを描いた作品。

戦争に懲りた近未来の世界で、過去の痛みを忘れないよう、若い男女24人が、一人の勝者が出るまで殺し合いを行う。
妹の代わりに出場を志願したカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、抽選で選ばれた少年、ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)とともに試合に臨む。
カットニスは、持ち前の慎重さと弓の腕で生き残り、最後まで地区の仲間、ピータを守り、勝者となる。

智に長けた策略があるわけでも、どんでん返しや裏切りがあるわけでもなく、ヒロインと相手役だけが生き残るというすがすがしい展開。後先をどう考えているのかを全く示さずに対戦相手が結託してみたり、地雷を誘爆させたら敵側の確保した物資が木っ端微塵になったり(それは確保していた側がアホすぎだろう)、様々な凶器があったにもかかわらず、最後の生き残りはカットニスとピータに素手で挑みかかったり、展開はお粗末で、「カイジ 人生逆転ゲーム」や「ライアーゲーム」のような作品を期待するわけにはいかなかった。
ただ、試合に挑むまでの準備の場面の描き方や、未来都市と炭鉱部落を対比させたような近未来の世界観を丁寧に作り上げている辺りはよかった。
ヒロイン役のジェニファー・ローレンスが、絶世の美女というわけではなくて、ちょっと泥臭さを感じさせるところが、逆に大衆にこびずに強く生きる女性を好演していた。

【5段階評価】4

|

« (1168) スターシップ・トゥルーパーズ3 | トップページ | (1170) フレフレ少女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1169) ハンガー・ゲーム:

« (1168) スターシップ・トゥルーパーズ3 | トップページ | (1170) フレフレ少女 »