« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

(1165) ワイルド・スピード

【監督】ロブ・コーエン
【出演】ポール・ウォーカー、ビン・ディーゼル、ジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲス
【制作】2001年、アメリカ

ストリートカーレースの世界を舞台に、窃盗集団の囮捜査に入る警察官の活躍を描いた作品。

警察官のブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)は、自動車会社に勤めるふりをしながら、自動車を使った窃盗集団との疑いのあるドミニク(ビン・ディーゼル)の一味に潜入する。
捜査を続ける中で、ブライアンとドミニクには友情が芽生え、ブライアンとドミニクの妹、ミア(ジョーダナ・ブリュースター)の間に恋が生まれる。
ブライアンは、ドミニクが武装したトラックを襲撃しようとしていると察知し、ミアに自分が警察官であることを告げ、ドミニクを救いに行く。
ドミニクは仲間とともに大型トラックを襲うが、運転手はショットガンを持っており、トラックに飛びついたビンス(マット・シュルツ)は、飛び移るときに使ったワイヤーが腕に絡まったまま、瀕死の重傷を負う。ドミニクや仲間のレティ(ミシェル・ロドリゲス)も車をやられてしまうが、そこにブライアンが現れ、ビンスを救い出す。ブライアンは警察官であることを隠さず、ビンスの救援を要請。ドミニクはブライアンを激しくにらみつけながらも、その場を立ち去る。
ブライアンはドミニクのもとに向かうが、そこにドミニクと敵対するアジア系ギャングのボス、ジョニー・トラン(リック・ユーン)が現れ、ドミニクの仲間、ジェシー(チャド・リンドバーグ)を射殺。ドミニクとブライアンは彼らを追い、カーチェイスの末、ジョニーを倒す。
ブライアンとドミニクは、友情を確かめるように最後のドラッグレースを行うと、ブライアンはドミニクをわざと逃がす。ドミニクは最果ての地に逃れ、新たな人生を歩み始めるのだった。

カーチェイスのシーンはなかなかの迫力で、カメラワークが秀逸。
ドミニクが窃盗集団であることは濡れ衣かと思ったら、本当にやらかしていた、というのはちょっと意外な展開だった。

【5段階評価】4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

(1164) ターミネーター

【監督】ジェームズ・キャメロン
【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マイケル・ビーン
【制作】1984年、アメリカ

近未来から現代に送り込まれた殺人マシンと戦う人々を描いた作品。第1作より続編が大ヒットした、珍しいパターンの作品。

近未来から、人型の殺人マシン、ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が送り込まれてくる。ターミネーターの目的は、サラ・コナーの殺害。ターミネーターは電話帳に載っているサラ・コナーを次々と殺害していく。レストランのウェイトレスをしているサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は身の危険を感じ、警察に電話をするが、先にターミネーターに感づかれる。ターミネーターが銃口を彼女に向けた瞬間、一人の男がターミネーターに銃をぶっ放し、彼女を救い出す。男の名はリース(マイケル・ビーン)。彼は、近未来に核戦争が起き、機械が人間に対して戦争をしかけていること、その指導者のジョン・コナーを産んだのがサラであること、ターミネーターは、機械の側が未来からサラの殺害のために送り込んだ殺人マシンであることを告げる。
ターミネーターからの追撃を必死でかわすサラとリースは、逃げ込んだホテルでたった一晩愛し合う。そのホテルもターミネーターに気付かれ、二人は車で逃走。リースはターミネーターの乗ったトラックに自作の爆弾を仕込んで車を爆破。それでも機械の骨組みだけになったターミネーターはサラを追う。二人は工場に逃げ込み、リースが決死の覚悟でサラを逃がすと、ターミネーターの腹部に爆弾を放り込んでターミネーターを大破させる。しかし、リースは爆破の衝撃で死んでしまう。
上半身だけとなったターミネーターは、負傷したサラを追い続ける。しかし、最後はサラがプレス機でターミネーターを圧死させる。
サラはリースの子を身ごもり、一人で子供を育てることを決意するのだった。

機械が人類に戦争を挑むという展開とタイムパラドックスを掛け合わせたプロットは、必ずしも独創性に富むわけではないが、魅力的な設定。ターミネーターの倒しても倒しても起き上がってくる恐ろしさが印象的な作品。

【5段階評価】4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

(1163) 機動警察パトレイバー the Movie

【監督】押井守
【出演】古川登志夫、富永みーな
【制作】1989年、日本

ゆうきまさみ原案のアニメ作品。人型の巨大ロボットが実用化した社会で活躍する警察官たちを描いた作品。

東京湾を埋め立てる巨大プロジェクトが実行中の日本で、天才プログラマーの帆場が自殺。すると各地で人型ロボットのレイバーが暴走するという事件が勃発する。
警視庁特車二課の篠原(古川登志夫)と泉(富永みーな)は事件を追い、方舟と呼ばれる海上プラントが、レイバー暴走の原因であることを突き止める。二人は仲間とともに方舟に乗り込み、暴走するレイバーとメインシステムの停止を成功させる。

ロボットアニメにしては、ロボットのシーンは比較的少なめ。近未来的要素と下町風の風景が同居する作風は、「新世紀ヱヴァンゲリヲン」などとも共通する面がある。
レイバー暴走の謎が分かりにくいのが残念だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

(1162) ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer

【監督】堤幸彦
【出演】中谷美紀、渡部篤郎、小雪、大河内奈々子
【制作】2000年、日本

テレビドラマ「ケイゾク」の続編となる劇場版。孤島で起こる連続殺人に二人の刑事が挑む。

小笠原諸島にある厄神島に、7人の客が招待され、刑事の柴田(中谷美紀)と真山(渡部篤郎)も同行する。招待者の七海(小雪)は、招待客は、かつて怒った海難事故で犠牲となった両親は、招待客らに見殺しにされたのだ、と告げ、全員を殺すと宣言。
証拠を見つけることができないまま、殺人事件は起き続ける。しかし、七海の首つり死体が発見され、事件は解決したかに見えた。
柴田は、ホテルが2つあることに気づき、七海の共犯者が招待客の中にいることを突き止める。真犯人は、磯山章子(大河内奈々子)だった。彼女は七海の妹であり、二人で招待客への復讐を誓っていたが、七海がおびえたため、章子は七海を殺害していた。
事件を解決した柴田は、同僚の真山とともに、崩壊した島を脱出する。

「TRICK」のようにコミカルに展開しつつも、時おりホラー映画のような恐ろしさも垣間見せ、見応えがあった。もっとも、テレビの展開を知らないと、登場人物同士の関係や、宿敵の朝倉(高木将太)との戦いの意味もよくわからないだろう。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

(1161) チャーリーとチョコレート工場

【監督】ティム・バートン
【出演】ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ディープ・ロイ
【制作】2005年、イギリス・アメリカ・オーストラリア

巨大なチョコレート工場の見学ツアーを描いたファンタジー。

家は貧しいが、家族と仲良く暮らしている少年、チャーリー(フレディ・ハイモア)は、チョコレート工場を見学できるチケットを入手する。チョコレート工場の所有者、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)に招待されたのは、チャーリーを含む5人の子供と、その保護者たち。
そのうちの一人は副賞が与えられるとあって、子供達はライバル心を剥き出しにするが、チャーリーは、かつて工場で働いていた祖父とともに、工場内の施設を楽しむ。
欲深い子供が次々と脱落していき、チャーリーは副賞として、工場のオーナーとなる権利を得るが、その代償として家族を捨てることが条件だった。
チャーリーは副賞を断るが、ウォンカが父親との関係に悩んでいることを知ったチャーリーは、ウォンカが父親と再会することを後押し。ウォンカはチャーリーの家に招かれると、家族の温かさを知る。そしてチャーリーは家族を失わずに工場を手に入れ、ウォンカは温かい家族を手に入れるのだった。

工場内の不思議な情景を描くだけでなく、誰が副賞を手に入れるのか、という子供間の競争も描かれており、作品にのめりこみやすかった。ウンパ・ルンパ族のインパクトがなかなかのもので、もう、演じたディープ・ロイを忘れることはない気がした。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

(1160) アメイジング・スパイダーマン

【監督】マーク・ウェブ
【出演】アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リズ・エバンス、マーティン・シーン
【制作】2012年、アメリカ

アメコミ・ヒーロー、スパイダーマンの劇場版。サム・ライミ監督作品から10年経過してのリブート作品である。

科学者の父を持つ、高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、父の同僚のコナーズ博士(リズ・エバンス)の勤める研究所で、実験室のクモに噛まれ、超人的な力を手にする。自分の見逃した強盗が、慕っていた育ての親のベンおじさん(マーティン・シーン)を撃ち殺したことから、ピーターは、悪者を懲らしめるスパイダーマンとなることを決意する。
コナーズ博士は、自分の右腕を復活させるために、トカゲの遺伝子との融合を試みるが、凶悪なリザードに変身してしまう。ピーターは、恋人になったグウェン(エマ・ストーン)を守るため、リザードと戦い、人々がリザードに変身してしまう薬の散布を阻止。逆に、変身した人々を元に戻すワクチンを撒き、コナーズ博士をもとの姿に戻す。
スパイダーマンを街の治安を脅かす者として敵視していたグウェンの父親(デニス・リアリー)はスパイダーマンを認めるが、娘を巻き込むな、と言い残して命を落とす。ピーターはいちどはグウェンから遠ざかろうとするが、グウェンに「守れない約束もあるよね」と告げるのだった。

特撮はそこそこすごいのだが、ここまでCG全盛になってしまうと、戦闘の生身の迫力がなくなってしまい、どれだけ超人的な動きを見せられても、空々しさを禁じ得ない。序盤の地下鉄内でのチンピラとの戦闘のほうが、ジャッキー・チェンぽくて面白かったりした。
サム・ライミ監督作品に比べて優れているのは、特撮というよりは、主人公と恋人役が圧倒的に美男美女になっている点かもしれない。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

(1159) プラチナデータ

【監督】大友啓史
【出演】二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、水原希子、生瀬勝久
【制作】2013年、日本

東野圭吾原作小説の映画化作品。遺伝子情報で犯罪捜査を行う近未来で起こる事件を描く。

児童連続殺人事件の犯人が、遺伝子情報により特定される。研究者の神楽龍平(二宮和也)は、DNAデータをプラチナデータと呼び、得意げに新たな犯罪捜査方法について語るが、警部補の浅間(豊川悦司)は、遺伝子情報を不法に入手したと攻め寄る。
そんなとき、神楽とともに遺伝子捜査のためのプログラムを作成していた、サバン症候群の少女、蓼科早樹(水原希子)が、兄とともに殺害される。神楽は、現場から取得したDNAを解析するが、分析の結果、現れた容疑者は、神楽自身だった。
神楽は必死で逃亡を続け、浅間はそれを追いかけるが、浅間は神楽が自分が犯人だと知っていて解析を行ったとは信じられない。やがて浅間は、神楽がかつて、父の自殺を機に二重人格者となったことを知る。
浅間は、神楽の別人格のリュウが犯人である可能性を追うが、神楽を診療していた女性医師の水上江利子(鈴木保奈美)は、それはありえないと否定する。やがて、神楽の共同研究者で、実はアメリカのスパイだった白鳥理沙(杏)も殺害され、事件は混迷を極める。
浅間は、逃亡する神楽と連絡を取り、リュウが描いた早樹の絵の裏に、事件の鍵を握るプログラムがあるのを発見。浅間は特殊解析研究所に乗り込んでプログラムを起動させる。すると、プラチナデータとは、一部の特権階級をDNA分析にかけても「Not Found」となるようにするためのデータであることを知る。それを知った神楽は、水上のもとを訪ね、彼女を殺害する。
逮捕された神楽のいる取調室に、浅間が現れる。浅間は、15歳の頃の神楽を診察していた水上の記録を調べ、神楽の後退人格がリュウなのではなく、もとの人格がリュウで、神楽こそが、リュウの後退人格であることを突き止める。神楽はそれを聞いて衝撃を受けるが、やがて彼はリュウの人格を取り戻す。浅間は、リュウとなった彼に、神楽からの手紙を渡す。そこには、未来を切り開くのは、遺伝子情報ではなく人間の意志だ、と書かれているのだった。

マイノリティ・リポート」ほどではない近未来という設定で、ちょっとした現実離れが興味を惹く。二宮和也が、シリアスな役どころを演じるには少々見た目が幼くて、豊川悦司と釣り合いが取れていないところが、ちょっとミスキャストであると感じた。
東野圭吾原作映画は、「手紙」や「容疑者Xの献身」、「秘密」はとてもよかったのだが、それ以外の当たりになかなか出会えないでいる。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

(1158) パルプ・フィクション

【監督】クエンティン・タランティーノ
【出演】ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ブルース・ウィリス、ユマ・サーマン
【制作】1994年、日本

悪党コンビの二人を中心に、オムニバス形式でありながら、それぞれの登場人物がかかわりを持ちながら進行する。

殺し屋のビンセント(ジョン・トラボルタ)とジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)の2人が、マフィアを裏切った若者を始末し、荷物を取り戻す。
ところが、ビンセントは、車中で、とらえた若者の頭を撃ち抜いてしまい、あわてて友人のジミー(クエンティン・タランティーノ)のもとに向かう。そこで、マフィアのボスのマーセルス(ビング・レイムス)に連絡し、掃除屋のウルフ(ハーベイ・カイテル)が送り込まれる。ウルフは車と死体を処分。腹の減ったビンセントとジュールスは食事を取りに向かうが、そこで、若い男女の強盗に出会う。ジュールスは、強盗をたしなめて店から追い出す。
マーセルスは、落ち目のボクサー、ブッチ(ブルース・ウィリス)に八百長を持ちかけていたが、ブッチはマーセルスを裏切って、ノミ屋で大金をせしめる。マーセルスはブッチの部屋にビンセントを送り込むが、ブッチはたまたまビンセントがトイレに行っている間に家に入り込んだため、ビンセントが台所に置きっ放しにしていたマシンガンを見つけ、逆にビンセントを撃ち殺す。

ほかにも、ビンセントがマーセルスの妻、ミア(ユマ・サーマン)と食事をしたり、ブッチと恋人のファビアン(マリア・デ・メディロス)と口論したりと、いろいろなエピソードがあり、ちょっとした偶然が運命を変えていくようすが、時間の流れをいきつもどりつしながら描かれている。
エレキギターが印象的な「Misirlou(ミザルー)」は、本作の代名詞となる楽曲になった。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

(1157) クローズZERO II

【監督】三池崇史
【出演】小栗旬、山田孝之、金子ノブアキ、阿部亮平
【制作】2009年、日本

高橋ヒロシ原作漫画の実写映画化作品。「クローズZERO」の続編。

鈴蘭高校のトップを取ることとなった滝谷源治(小栗旬)は、停戦協定が結ばれていることを知らず、鳳仙高校の生徒に殴りかかってしまう。休戦は破られ、鈴蘭の生徒達は、鳳仙高校に次々とやられていく。
体育館に火を付けられたことで、鈴蘭高校の怒りは頂点に達するが、源治は勝ち目はない、と仲間の元を立ち去る。憤る仲間達だったが、源治は単身で鳳仙高校に乗り込もうとしていた。それに気付いた仲間達は鳳仙高校に駆けつける。源治は鳳仙のトップ、鳴海(金子ノブアキ)とのタイマンに勝利する。

三浦春馬や大口兼悟、蕨野友也など、イケメンが次々と登場する。綾野剛や金子ノブアキは、イケメンと呼ぶのか、少し微妙。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

(1156) クローズZERO

【監督】三池崇史
【出演】小栗旬、山田孝之、黒木メイサ、やべきょうすけ、高岡蒼甫、桐谷健太
【制作】2007年、日本

高橋ヒロシ原作漫画の実写映画作品。喧嘩で高校トップを目指す高校生を描く。

不良が集まる鈴蘭高校に転校した滝谷源治(小栗旬)は、学校をシめるため、学内で派閥を形成している芹沢多摩雄(山田孝之)に戦いを挑む。
源治は、伊崎(高岡蒼甫)や牧瀬(高橋努)、忠太(鈴之助)を味方に付け、芹沢軍団に戦いを挑む。数で劣勢になる源治だったが、源治の男っぷりに惚れ込んだ阪東(渡辺大)が武装戦線を引き連れて形勢は逆転。源治は芹沢とのタイマンに勝利し、鈴蘭をシめるのだった。

暴力描写は、なかなかの迫力。高校生役を、20歳を越えた役者ばかりが演じているのだが、気にしてはいけない。暴力を暴力で制する救われない印象を残す作品ではあるが、ヤクザ映画に比べれば、皆殺しにするまで戦い続けるような殺伐さはない。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »