« (1155) ドラゴンボールZ 神と神 | トップページ | (1157) クローズZERO II »

2014年6月 2日 (月)

(1156) クローズZERO

【監督】三池崇史
【出演】小栗旬、山田孝之、黒木メイサ、やべきょうすけ、高岡蒼甫、桐谷健太
【制作】2007年、日本

高橋ヒロシ原作漫画の実写映画作品。喧嘩で高校トップを目指す高校生を描く。

不良が集まる鈴蘭高校に転校した滝谷源治(小栗旬)は、学校をシめるため、学内で派閥を形成している芹沢多摩雄(山田孝之)に戦いを挑む。
源治は、伊崎(高岡蒼甫)や牧瀬(高橋努)、忠太(鈴之助)を味方に付け、芹沢軍団に戦いを挑む。数で劣勢になる源治だったが、源治の男っぷりに惚れ込んだ阪東(渡辺大)が武装戦線を引き連れて形勢は逆転。源治は芹沢とのタイマンに勝利し、鈴蘭をシめるのだった。

暴力描写は、なかなかの迫力。高校生役を、20歳を越えた役者ばかりが演じているのだが、気にしてはいけない。暴力を暴力で制する救われない印象を残す作品ではあるが、ヤクザ映画に比べれば、皆殺しにするまで戦い続けるような殺伐さはない。

【5段階評価】3

|

« (1155) ドラゴンボールZ 神と神 | トップページ | (1157) クローズZERO II »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1156) クローズZERO:

« (1155) ドラゴンボールZ 神と神 | トップページ | (1157) クローズZERO II »