« (1147) 追憶 | トップページ | (1149) はぐれ刑事純情派 »

2014年4月30日 (水)

(1148) クレイマー、クレイマー

【監督】ロバート・ベントン
【出演】ダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ、ジャスティン・ヘンリー
【制作】1979年、アメリカ

妻に家を出て行かれた夫と息子を描いた作品。第52回アカデミー賞作品賞受賞作品。

広告の仕事をしているテッド・クレイマー(ダスティン・ホフマン)は、突然、妻のジョアンナ(メリル・ストリープ)に家を出て行かれてしまう。テッドは、息子のビリー(ジャスティン・ヘンリー)と不器用な二人暮らしを始めるが、上司からは露骨にいやがられてしまう。
ようやく二人での生活に慣れた頃、ジョアンナがテッドを呼び出し、息子を引き取りたいと宣言、裁判になってしまう。裁判の結果、ビリーはジョアンナが引き取ることとなる。
ビリーは父親との最後の朝食をすませ、母親が迎えに来るのを待つ。そこにジョアンナがやってきて、建物のロビーにテッドを呼び出す。彼女はビリーの家はここだから、引き取ることはできない、とテッドに告げ、涙を流す。テッドは、息子と話したいと言うジョアンナをエレベータに乗せ、やさしくほほえみかけるのだった。

子役のジャスティン・ヘンリーをはじめ、演技が素晴らしい。シチュエーションもシンプルで明快であり、状況に感情移入しやすい。会社の女性と浮気するシーンは、よく分からなかったが、こういうのがよくある話なんでしょうかね。

【5段階評価】3

|

« (1147) 追憶 | トップページ | (1149) はぐれ刑事純情派 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1148) クレイマー、クレイマー:

« (1147) 追憶 | トップページ | (1149) はぐれ刑事純情派 »