« (1103) 武士の家計簿 | トップページ | (1105) 南極物語 »

2014年2月 7日 (金)

(1104) 食べて、祈って、恋をして

【監督】ライアン・マーフィー
【出演】ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、ビリー・クラダップ
【制作】2010年、アメリカ

離婚した女性の傷心旅行と新たな恋を描いた作品。

バリ島の治療師クトゥに、離婚して財産を失う、と予言されたリズ(ジュリア・ロバーツ)。夫のスティーブン(ビリー・クラダップ)に突然、物足りなさを感じ、離婚を決意。調停の場で激怒した夫をみて、財産を放棄する。
リズはクトゥの予言通り、イタリア、インドを経てバリに戻る。イタリアでは友人を得て食事を楽しみ、インドでは修行を通じて知り合ったバツイチ男(リチャード・ジェンキンス)の身の上話に涙する。
バリ島に戻ったリズは、自転車に乗っている自分を車ではねそうになった男、フェリペ(ハビエル・バルデム)と知り合う。二人はやがて愛し合うようになる。フェリペは、リズを無人島に誘うが、リズは突然、自分の調和が崩れる恐怖を感じ、その誘いを拒絶。クトゥのもとに戻るが、クトゥから、ときには調和を失うことも調和の一部だ、と諭される。リズは、フェリペのもとに戻り、ともに無人島へ向かうのだった。

うまくいかない恋愛に悩む女性には、響くところがあるかもしれないが、おおよそ共感するところのない作品だった。よく分からない理由で離婚し、好き勝手な海外生活を経て、旅行先で偶然出会った男性と結ばれる。男性の何を気に入ったのかもよくわからず、ただそこに男がいたから結ばれました、という印象。主演がジュリア・ロバーツだから、何とかもった、というような作品だった。いや、もってないのか。

【5段階評価】2

|

« (1103) 武士の家計簿 | トップページ | (1105) 南極物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1104) 食べて、祈って、恋をして:

« (1103) 武士の家計簿 | トップページ | (1105) 南極物語 »