« (1087) アン・ハサウェイ/裸の天使 | トップページ | (1089) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 »

2014年1月19日 (日)

(1088) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語

【監督】新房昭之
【出演】悠木碧(声)、斎藤千和(声)、喜多村英梨(声)、加藤英美里(声)
【制作】2012年、日本

TBSのテレビアニメの劇場版。天真爛漫なタイトルとは裏腹に、プリキュアのような単なる魔女っ子アニメではなく、独特の世界観を持ったダークファンタジーである。

中学生の鹿目まどか(悠木碧)のクラスに、暁美ほむら(斎藤千和)が転校してくる。ほむらは、初対面のはずのまどかに、突然、家族や友人が大事なら、今とは違う自分になろうだなんて、絶対に思わないことね、と告げる。
まどかは友人の美樹さやか(喜多村英梨)とショッピングにむかい、そこでうさぎのような謎の生物(加藤英美里)に出会う。ほむらはその生物を倒そうとしていたが、まどかはさやかとともにその生物を助ける。それはキュゥべえと名乗り、願い事を一つ言えば魔法少女にしてあげられる、という話を二人に持ちかける。ただし、魔法少女になれば、魔女を倒すという役目を負うのだという。
先輩魔法少女の巴マミ(水橋かおり)の活躍を見て魔法少女になることを決意するまどかだったが、マミはまどかとさやかの目の前で、魔女に食われて死んでしまう。窮地を救ったのはほむらだった。
マミが死んだ恐怖で、まどかは魔法少女になることを断念するが、さやかは、好きな男の子、恭平(吉田聖子)のけがを治すため、魔法少女になる。
しかし、魔法少女とは、本体をソウルジェムに変えられ、肉体は仮の器に過ぎないゾンビのような存在であることがわかり、さやかはキュゥべえを恨むようになる。また、友人の志築仁美(新谷良子)が恭平に告白しようとしていることを知り、しだいにさやかは魔法少女になったことに苦悩し始める。
そしてついに、彼女自身が魔女に変貌してしまうのだった。

ダークな展開に戦慄が走る衝撃的な作品。かわいいペットキャラクターと思えたキュゥべえが、冷酷な魔法少女スカウト役、インキュベーターであったり、隣町の魔法少女、佐倉杏子(野中藍)が、さやかを目の敵にする悪役と思いきや、さやかを心から心配する役柄であったり、ストーリーからも目が離せない。次作が楽しみな作品。

【5段階評価】3

|

« (1087) アン・ハサウェイ/裸の天使 | トップページ | (1089) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1088) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語:

« (1087) アン・ハサウェイ/裸の天使 | トップページ | (1089) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 »