« (1081) おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | (1083) バンテージ・ポイント »

2014年1月 5日 (日)

(1082) 東京オリンピック

【監督】市川崑
【出演】昭和天皇、遠藤幸雄、神永昭夫、アベベ、円谷幸吉、アーメッド・イサ
【制作】1965年、日本

1964年に開催された東京オリンピックの模様を描いている。ドキュメンタリーではあるが、記録映像というよりも、芸術性を重視した作品になっている。

日の出、そして建築工事のシーンから映画は始まる。その後、聖火リレー、開会式の映像が丹念に綴られる。開会式を見ようと背伸びをする人々の足や、花火の轟音に驚く少年の顔など、オリンピックというよりも、オリンピックというイベントが人々にどう受け止められているのかを伝えている。
競技の映像も、足下ばかりだったり、顔のアップだったり、試合の終わりまで映さなかったりと、試合の展開や結果がよく分からない映像も多い。その一方、砲丸投げの砲丸が地面に落下するときのドスンという音や、体操選手の靴と床との摩擦音など、特徴的な音には焦点を当てて繰り返したりする。こういった映画らしいこだわりが随所にある。
インターミッション後は、チャドの一選手、アーメッド・イサに焦点が当たる。ラストの競技はマラソン。優勝したアベベのほか、後に悲壮な自殺を遂げる円谷幸吉の奮闘も見ることができる。
全体を通し、東京オリンピックの記録はよく分からないが、人々にどのような記憶を植え付けたのかを感じさせてくれる作品だった。

【5段階評価】3

|

« (1081) おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | (1083) バンテージ・ポイント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1082) 東京オリンピック:

« (1081) おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | (1083) バンテージ・ポイント »