« (1066) キッド | トップページ | (1068) トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン »

2013年12月15日 (日)

(1067) BRAVE HEARTS 海猿

【監督】羽住英一郎
【出演】伊藤英明、佐藤隆太、仲里依紗、伊原剛志
【制作】2012年、日本

「海猿」シリーズ第4作。海上保安庁特殊救難隊の隊員達の活躍を描く。

海上保安庁の特殊救難隊の配属となった仙崎(伊藤英明)と吉岡(佐藤隆太)。タンカー事故の救出に向かった仙崎は、取り残された一人を助けようとヘリからの救出を強行するが、結局、その人は帰らぬ人となる。隊長の嶋(伊原剛志)は、全員を救おうとする仙崎の考え方を受け入れず、二人は対立する。
そんな仲、吉岡の恋人、客室乗務員の美香(仲里依紗)の乗ったジャンボジェットが、エンジン爆発により、海面着陸を行うことになる。全員を救おうと懸命に活動する仙崎を見て、嶋は心を動かされ、仙崎とともに海中に沈む機体からパイロットを救い出すことに成功。
ところが、美香をかばおうとした吉岡は機体後部に取り残されたまま、海に沈んでしまう。
誰もが吉岡の死亡を諦める仲、仙崎は黙々と救助に向かう準備を開始。嶋とともに潜水を開始する。
吉岡は酸素マスクのチューブをくわえて生き延びていた。
バツイチだったことから、一度は吉岡のプロポーズを断った美香だったが、吉岡と結婚することを決意。二人目の子どもを産むことに躊躇していた仙崎の妻、環菜(加藤あい)も、子を産む決意を取り戻すのだった。

今回も、期待を裏切らないできばえ。アツい台詞と役者の演技の力強さが、毎度ベタな展開ながらも、互いを信じ合い、ベストを尽くす姿に、毎回、胸が熱くなる。
タンカーが沈没し、コンテナが次々と海中に沈むシーンの映像なども、ハリウッドの特撮に引けを取らないリアルさで、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のクライマックスを彷彿とさせた。

【5段階評価】5

|

« (1066) キッド | トップページ | (1068) トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価5の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1067) BRAVE HEARTS 海猿:

« (1066) キッド | トップページ | (1068) トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン »