« (1052) るろうに剣心 | トップページ | (1054) 226 »

2013年11月25日 (月)

(1053) 深呼吸の必要

【監督】篠原哲雄
【出演】香里奈、谷原章介、大森南朋、成宮寛貴、金子さやか、長澤まさみ
【制作】2004年、日本

サトウキビ収穫のアルバイトに集まった男女の交流を描いた作品。

平良家のサトウキビ収穫のアルバイトに、様々な事情を抱えた男女が集まる。バイトを仕切っている田所豊(大森南朋)の指導のもと、立花ひなみ(香里奈)、池永修一(谷原章介)、川野悦子(金子さやか)、西村大輔(成宮寛貴)、土井加奈子(長澤まさみ)たちはキビ刈りに挑むが、畑はあまりにも広大。慣れない作業に悪戦苦闘が続き、田所も大雨のせいで自動車事故を起こす。島に医者はおらず、治療が危ぶまれたが、落ちこぼれの医者だった修一が治療を施す。収穫を期日に間に合わせることは絶望的に見えたが、これまで無口だった加奈子らのがんばりで、収穫を終える。
そして翌年、つぎのアルバイト達が平良家にやってくるのだった。

田所のけがという、とってつけたような事故以外、とりたてて大きな事件が起きるわけでもなく、ただただ、サトウキビを刈り取るさまを描いており、2時間もたせる作品になっているのは監督の技量だなと感じた。
若い男女が集まる割に、恋愛や愛憎が描かれるわけでもないし、連帯感を描くには、サトウキビの収穫作業はめいめいが行うので、互いが役割をまっとうして大きなことをなしとげるわけでもない。それでも、期日までに収穫を間に合わそうと一致団結していく様子をうまく描いていて、さわやかな作品になっていた。
谷原章介や長澤まさみ、成宮寛貴など、個性を過剰にが際立たせず、陰を持つ青年として描かれている作品であるというのも、彼らが大物になってしまった今となっては貴重かもしれない。

【5段階評価】3

|

« (1052) るろうに剣心 | トップページ | (1054) 226 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1053) 深呼吸の必要:

« (1052) るろうに剣心 | トップページ | (1054) 226 »