« (1039) 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 | トップページ | (1041) 十三人の刺客 »

2013年10月26日 (土)

(1040) ブラックホーク・ダウン

【監督】リドリー・スコット
【出演】ジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー、トム・サイズモア
【制作】2001年、アメリカ

ソマリアの内戦鎮圧の作戦を遂行する米軍と現地兵との乱戦を描いた作品。生々しい戦闘の描写が話題となった。

ソマリアの内線を鎮圧するため、米軍は重要人物を確保する軍事作戦を実行。1時間ほどで終了する作戦のはずだったが、ソマリアの民兵の力はあなどりがたく、軍事ヘリ、ブラックホークが撃墜されてしまう。米軍はヘリの乗員を救出しようとするが、次々と現れる民兵に、一人、また一人と米兵が倒され、作戦は泥沼化する。
最終的には米軍の空からの援軍により残された部隊の救出に成功するが、最新鋭の装備を誇っていたはずの米軍に19名の犠牲が出、ソマリア人は1,000人以上が死亡したのだった。

映像のリアリティはなかなかのもの。1998年の作品、「プライベート・ライアン」の影響を受けたとも言われている。
群がる民兵に囲まれ、なぶり殺される末期を余儀なくされる米兵の恐怖は、「戦国自衛隊」や「スターシップ・トゥルーパーズ」で描かれている絶望感と共通するものがあった。
民兵の数による暴力の描写は、イラクで米兵が惨殺され、焼け焦げて骨の浮き出た遺体が橋に吊された狂気の映像をも彷彿とさせる。その一方で、ソマリア人の被害者のほうがはるかに多く、それこそ「スターシップ・トゥルーパーズ」なみに、ソマリア人を虫けら扱いしている米国の傲慢も垣間見えるのだった。

【5段階評価】3

|

« (1039) 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 | トップページ | (1041) 十三人の刺客 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1040) ブラックホーク・ダウン:

« (1039) 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 | トップページ | (1041) 十三人の刺客 »