« (1034) はやぶさ/HAYABUSA | トップページ | (1036) 涙そうそう »

2013年9月27日 (金)

(1035) ハチ公物語

【監督】神山征二郎
【出演】仲代達矢、八千草薫、長門裕之、石野真子、山城新伍
【制作】1987年、日本

亡くなった主人の帰宅を渋谷駅で待ち続けた秋田犬、ハチ公の生涯を描いた作品。

秋田の寒村で生まれた子犬が、犬好きの大学教授、上野秀次郎(仲代達矢)の家にもらわれる。彼は子犬にハチと名付け、かわいがる。ハチは毎日、秀次郎の通勤のお伴をするようになり、彼が渋谷駅に戻る頃には駅に出かけ、彼の帰りを待つようになる。
ある日、いつもはおとなしいハチが落ち着かない動きを見せる。家族は不思議がるが、その日、いつもと同じように出勤した秀次郎は、大学での講義の最中、突然卒倒し、そのまま帰らぬ人となってしまう。
秀次郎が亡くなってからも、ハチは渋谷駅に向かい、帰らぬ秀次郎を待ち続ける。秀次郎の妻、静子(八千草薫)は故郷の高知に戻り、ハチを引き取った菊さん(長門裕之)も急死したため、ハチは野良犬となってしまう。それでもハチは渋谷駅で主人を待ち続けるが、ある雪の日、秀次郎の帰りを夢見ながら、ハチは永久の眠りに就くのだった。

史実に脚色を加えた作品。今も渋谷駅の待ち合わせ場所として有名なハチ公像の物語を知ることのできる作品として、見ておいて損はないだろう。主人が亡くなることを予感するシーンは、ややドラマめいているが、ハチ公をあまり擬人化しすぎずに描いている演出はほどよく、静かな悲しみと感動を味わうことができた。

【5段階評価】3

|

« (1034) はやぶさ/HAYABUSA | トップページ | (1036) 涙そうそう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1035) ハチ公物語:

« (1034) はやぶさ/HAYABUSA | トップページ | (1036) 涙そうそう »