« (1033) ほしのこえ | トップページ | (1035) ハチ公物語 »

2013年9月26日 (木)

(1034) はやぶさ/HAYABUSA

【監督】堤幸彦
【出演】竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史
【制作】2011年、日本

惑星イトカワからサンプルを持ち帰った探査機はやぶさの奇跡を描いた作品。

幼くして亡くなった兄が天体観測好きだったことから、宇宙をテーマに博士論文に挑んでいる水沢恵(竹内結子)は、はやぶさ計画の講演をした的場(西田敏行)に誘われ、宇宙科学研究所の一員となる。恵はそこで、坂上(高嶋政宏)や川渕(佐野史郎)、田嶋(山本耕史)らと出会い、はやぶさ計画に深く関わっていく。
はやぶさは度重なるトラブルによってボロボロになるが、それでもスタッフの懸命の努力とアイディアにより、日本への帰還に成功するのだった。

架空の人物、水沢恵を据え、彼女が絵本を書くという設定のもと、はやぶさを擬人化して計画の進行状況を描くというアイディアにより、巧みに観る側の感情移入を促している。考えてみれば、「アポロ13」のような有人探査機ではない、いわば単なる実験装置なわけだが、それでも我が身が燃え落ちながらサンプルの入ったカプセルを地球に届けるシーンでは、思わず胸が熱くなる。安定した俳優陣でそつなく描かれた作品だった。

【5段階評価】3

|

« (1033) ほしのこえ | トップページ | (1035) ハチ公物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1034) はやぶさ/HAYABUSA:

« (1033) ほしのこえ | トップページ | (1035) ハチ公物語 »