« (1014) ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗 | トップページ | (1016) 魔界転生 »

2013年7月 6日 (土)

(1015) 吉原炎上

【監督】五社英雄
【出演】名取裕子、二宮さよ子、藤真利子、かたせ梨乃、西川峰子、根津甚八、緒形拳
【制作】1987年、日本

明治時代の遊郭で生き抜く花魁の人間模様を描いた作品。

貧しい家の出の久乃(名取裕子)は、借金返済のため、遊郭に身を預けることになる。初めての客に怯え、逃げ出す久乃に、一番花魁の九重(二宮さよ子)は男を悦ばせるすべを手ほどきする。先輩の花魁たちは、恋に破れ命を絶つ者、幸せな結婚を遂げたものの女郎に舞い戻る者、体を病んで精神を蝕まれる者など、さまざまであった。久乃は彼女たちとの交流を通じて成長し、花魁のトップ、紫太夫に上り詰める。彼女は財閥の御曹司、信輔(根津甚八)と懇意になるが、結局彼は別の花魁を選び、久乃は別のなじみ客(小林稔侍)を作る。
信輔は情事の最中、明かりを倒してしまい、遊郭は炎上。信輔は焼死し、久乃は吉原を去るのだった。

西川峰子が巨大な赤い布が敷き詰められたセットの中で、巨乳を振り乱しながら「ここ噛んで~」と絶叫するシーンが印象的と言えなくもないが、かたせ梨乃の芝居がかった台詞(いや、芝居なんですけども)をはじめとして、今ひとつ真実みが感じられず、ストーリーが作り物めいていて没入できなかった。
かたせ梨乃、西川峰子、名取裕子、根津甚八といったキャストは「肉体の門」と共通している。

【5段階評価】3

|

« (1014) ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗 | トップページ | (1016) 魔界転生 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^▽^*)

勝手ながら失礼します

私も数か月前、BSで『吉原炎上』観ました

今はサスペンスドラマのイメージしかないですが、当時の名取裕子の美人っぷりはハンパないですよね。。

投稿: ほぼ毎 | 2013年7月 6日 (土) 00:46

ですよねー。ベテラン女優の昔の作品を観ると、びっくりすることがあります。「潮騒」の松尾嘉代さんも、きれいで驚いた記憶が

投稿: 管理人 | 2013年7月11日 (木) 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1015) 吉原炎上:

« (1014) ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗 | トップページ | (1016) 魔界転生 »