« (1004) 刑事物語2 りんごの詩 | トップページ | (1006) 刑事物語 くろしおの詩 »

2013年6月18日 (火)

(1005) 刑事物語3 潮騒の詩

【監督】杉村六郎
【出演】武田鉄矢、沢口靖子、星由里子、夏木陽介
【制作】1984年、日本

お人好しの刑事、片山元(はじめ)が主人公の作品、「刑事物語」シリーズの第三弾。今回の舞台は長崎県の五島列島。

暴力団組長を殺害した犯人逮捕のため、実家のある五島列島で張り込みをすることになった片山(武田鉄矢)。犯人の仁科(夏木陽介)の母親(木暮実千代)の経営するスナックに張り込んでいた片山は、彼に一人娘がいると聞き、彼女の住む島に向かう。
一人娘の海子(沢口靖子)は、民宿を営む母親の清子(星百合子)と二人暮らし。片山は、張り込みをするはずが、ひょんなことから、身分を偽って旅館のアルバイトをすることになる。父親が死んだと聞かされていた海子は片山になつき、進路相談の書類の父親の欄に片山の名を書くが、片山はそれを消しゴムで消す。
清子の民宿に暴力団の一味が現れ、清子に仁科の居場所を言うよう脅迫。片山は特異の蟷螂拳で一味を撃退するが、そのことで刑事であることがばれてしまう。海子は片山の裏切りに傷つく。
仁科は密かに清子に連絡をとり、離れ児島で清子に再会するが、それを追った片山は仁科に手錠をかけようとする。仁科は片山を振り切って断崖から飛び降りようとし、「俺の勝手にさせてくれ」と言うが、片山は仁科を殴り、「勝手にさせない! 清子さんはおまえのことを17年間、待ってたんだ! うみちゃんは、海子さんは、進学のための家庭調査票の父親の欄、白いまま笑って我慢してんだ! おまえ分かってんのかあ! 」と叫ぶ。
片山は仁科に家族と一晩過ごさせた後、手錠をかけ、連行する。突然現れた父親に戸惑う海子だったが、船に乗って岸から離れていく父親に「お父さ~ん! 」と何度も叫ぶのだった。

断崖での片山の仁科への台詞が胸を打つ。これだけでもう、評価は4点。沢口靖子の初々しい演技も作品にみずみずしさを添えている。彼女が片山への愛情ではなく、父親としてのあこがれを抱くところも、脚本が暴走していなくて好感が持てた。

【5段階評価】4

|

« (1004) 刑事物語2 りんごの詩 | トップページ | (1006) 刑事物語 くろしおの詩 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1005) 刑事物語3 潮騒の詩:

« (1004) 刑事物語2 りんごの詩 | トップページ | (1006) 刑事物語 くろしおの詩 »