« (1002) デンデラ | トップページ | (1004) 刑事物語2 りんごの詩 »

2013年6月16日 (日)

(1003) シティヒート

【監督】リチャード・ベンジャミン
【出演】クリント・イーストウッド、バート・レイノルズ
【制作】1984年、アメリカ

元同僚の刑事と私立探偵の活躍を描いたアクション。

刑事のスピア(クリント・イーストウッド)は、私立探偵のマーフィ(バート・レイノルズ)は、けんかばかりしている。マーフィが、マフィアの裏帳簿を入手。スピアはマーフィとマフィアとの取引現場に赴き、マーフィとともに敵を殲滅。裏帳簿はマフィアのボスに奪われるが、しかけたダイナマイトが爆発。事件は落着するのだった。

クリント・イーストウッドがきざな刑事を演じ、バート・レイノルズは馬鹿にされ続けながらも刑事とともに行動。この二枚目と三枚目のコンビがコメディタッチのやりとりを展開するのだが、ことあるごとにスピアがマーフィを「shorty(チビ)」と呼ぶのも耳障りで、キザな行動が鼻についた。人質に取られた女性は犯人一味とポーカーに興じたり、マーフィは狼の仮面をかぶってアジトに乗り込んだり、演出も悪のりがすぎていて現実味がない。刑事は容赦なく悪者を撃ち殺す一方で、敵はバカスカ撃ちまくる割に主人公には全く当たらないという、ありがちな作品だった。
バディ・ムービーの「リーサル・ウェポン」シリーズで味のある脇役を演じているジョー・ペシが、終盤にちょい役で出演している気がした。

【5段階評価】3

|

« (1002) デンデラ | トップページ | (1004) 刑事物語2 りんごの詩 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1003) シティヒート:

« (1002) デンデラ | トップページ | (1004) 刑事物語2 りんごの詩 »