« (995) クライマーズ・ハイ | トップページ | (997) ミクロの決死圏 »

2013年5月27日 (月)

(996) 陰陽師II

【監督】滝田洋二郎
【出演】野村萬斎、中井貴一、深田恭子、伊藤英明、市原隼人
【制作】2003年、日本

陰陽師、安倍晴明の活躍を描いたSF時代劇。「陰陽師」の続編。

都を滅ぼし、息子の須佐(市原隼人)を新たな神に仕立てようとする幻角(中井貴一)に安倍晴明(野村萬斎)が立ち向かう。須佐の実の姉、日美子(深田恭子)は弟を思いとどまらせようとするが、弟に食われ、弟はスサノオの力を得る。晴明は源博雅(伊藤英明)とともに天岩戸に向かい、天照大神を蘇らせようとするが、幻角は剣を投げつける。剣は晴明の体を貫くが、そこに亡くなった日美子が現れ、スサノオと幻覚を説得。須佐はおとなしく姉のもとに向かい、幻角も邪悪な野望から覚める。
晴明は昏睡状態となるが、幻角が命を代償に琵琶の調べを捧げ、晴明は息を吹き返すのだった。

超豪華俳優による学芸会。幻角への感情移入を誘われることもなく、ただただ中途半端な特撮が続く、緊張感のない作品だった。
見所は、端整な顔立ちの野村萬斎が巫女さんコスプレで舞うときの気持ち悪さのすさまじさ。こんなに女装が似合わないのもすごい。また、市原隼人が本作では「ハッ」、「フアッ」といった叫びを連呼しており、もはや彼の方が花香よしあきのものまねをしているところも見所かもしれない。

【5段階評価】2

|

« (995) クライマーズ・ハイ | トップページ | (997) ミクロの決死圏 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (996) 陰陽師II:

« (995) クライマーズ・ハイ | トップページ | (997) ミクロの決死圏 »