« (988) スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | (990) 東京スカイツリー 世界一のひみつ »

2013年5月16日 (木)

(989) ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月

【監督】ビーバン・キドロン
【出演】レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース
【制作】2001年、アメリカ

独身女性の恋の顛末を描いたラブ・コメディ。「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。

テレビレポーターのブリジット(レニー・ゼルウィガー)は、弁護士のマック・ダーシー(コリン・ファース)を恋人に持ち、結婚を口にしない彼にやきもきしつつも、満ち足りた暮らしをしていた。しかし、性格の不一致から、しばしばぎくしゃく。
ブリジットは、元彼のダニエル(ヒュー・グラント)とタイ取材に行くことになり、急接近するが、ダニエルがホテルに風俗嬢を呼んでいたことを知り、愛想を尽かす。
帰国の際、友人から何気なく預かったお土産品に麻薬が隠されており、ブリジットは監獄行きとなる。そこに現れたのがマック。彼は上司の命令だとうそぶくが、彼がブリジットの釈放に奔走していたことを知った彼女は、仕事中のマックに会いに行き、ようやくプロポーズの言葉を受け取り、幸せな結婚を遂げるのだった。

有名で懐かしい音楽がそちこちに使われているのがちょっと楽しい。コメディ作品というほど爆笑シーンがあるわけではなく、基本的につまらなかったのだが、ブリジットを演じたレニー・ゼルウィガーの役作りに加点1。残念な体型だが、「ザ・エージェント」などで見せた美貌(というか愛らしさ)も垣間見えた。デブ専には垂涎の作品かもしれない。

【5段階評価】3

|

« (988) スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | (990) 東京スカイツリー 世界一のひみつ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (989) ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月:

« (988) スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | (990) 東京スカイツリー 世界一のひみつ »