« (985) 亡国のイージス | トップページ | (987) フラガール »

2013年5月11日 (土)

(986) 金融腐蝕列島〔呪縛〕

【監督】原田眞人
【出演】役所広司、椎名桔平、風吹ジュン、若村麻由美、仲代達矢
【制作】1999年、日本

総会屋との癒着を断ち切り、旧弊打破を目指す大手銀行の新旧交代劇を描いた作品。

日比谷通りに面する大手銀行、朝日中央銀行に、総会屋への不正融資疑惑で、大野木検事(遠藤憲一)率いる検察のガサ入れが入る。相談役の佐々木(仲代達矢)は、周囲の重役を退任させ、自らは保身を図る。
銀行の中堅、北野(役所広司)は、仲間の片山(椎名桔平)、石井(矢島健一)、松原(中村育二)とともに、経営陣に直談判し、旧習にまみれていない中山(根津甚八)を新頭取に迎えるよう進言し、銀行に固執する佐々木を退任させる。
北野は銀行刷新のため、総会屋との関係を断ち切る。いやがらせ電話や石井への銃撃、さらには北野の家族への脅迫など、総会屋からの悪質行為が続く中、北野は中山や仲間らとともにオープンな株主総会を開催。総会屋は議事を激しく妨害するが、一般株主の激励の言葉で雰囲気は一変。銀行は新たな一歩を踏み出す。
しかし、相変わらず北野の周囲には、総会屋の影がちらつくのだった。

役所広司をはじめとする俳優陣の熱い演技がすばらしかった。殺人や派手な殺陣があるわけではないが、議論の場面などには現実味のある迫力があり、見応えがあった。
中村育二とマキタスポーツが似ていることに気づかされる作品でもあった。ちなみに監督は山田ルイ53世に似ている。

【5段階評価】4

|

« (985) 亡国のイージス | トップページ | (987) フラガール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (986) 金融腐蝕列島〔呪縛〕:

« (985) 亡国のイージス | トップページ | (987) フラガール »