« (937) 人生逆転ゲーム | トップページ | (939) 007 慰めの報酬 »

2013年2月 2日 (土)

(938) 人生奪回ゲーム

【監督】室賀厚
【出演】森下悠里、鈴木聖奈
【制作】2012年、日本

警察の潜入捜査に協力し、命がけのギャンブルに挑む元OLを描く。「人生逆転ゲーム」の続編。

かつて、負ければ臓器提供、勝てば賞金を得られるゲームに勝ち残ったOL、本城佐紀(森下悠里)は、浪費癖が直らず、借金はしていないものの、結婚詐欺で生計を立てていた。彼女を逮捕した警察は、違法臓器提供組織を摘発するため、佐紀に潜入捜査を依頼。
これまでの詐欺罪をチャラにしてやると言われ、彼女は再びゲームに参加。本来、彼女とともに潜入するはずだった刑事は、組織に気付かれて殺されてしまうが、警察からはもう一人、捜査員が潜入していると言われる。しかし、その名前を佐紀は聞き逃してしまう。
ゲームはスタートし、サイコロの大小、コインの積み上げ、バカラによって、一人ずつ脱落。前回同様、次は投票となり、佐紀に投票しようとみんなに持ちかけたチンピラが裏切られ、4票を集めて脱落。ここで佐紀はようやく、潜入捜査をしているのが看護師の格好をした女性(鈴木聖奈)であることを知らされる。
次の対決は1対1のロシアンルーレット。最初の対戦で男が一人撃ち殺され、次の対戦は佐紀と女性警官。残り2発となったところで佐紀は監視カメラに向けて引き金を引き、意識を失うが、そこに警察が突入し、組織は一網打尽となるのだった。

前作同様、主人公の勝ち残りに頭脳的な戦略はなく、ただただ運を天に任せるだけの展開。それでも評価が2にならないのは、一応、出演する役者さんの演技は割としっかりしていると感じたからだと思う。俳優の層の厚さを感じた。
ちなみに、1作目のタイトルは「人生逆転ゲーム」で、「カイジ 人生逆転ゲーム」のサブタイトルのパクリ。そして本作も「カイジ2~人生奪回ゲーム~」のパクリと、やり口が徹底している。次作を期待させるようにエンディングで「see you next game」と出るが、カイジ第3作が出るまでタイトルが決まりそうにないのだった。

【5段階評価】3

|

« (937) 人生逆転ゲーム | トップページ | (939) 007 慰めの報酬 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (938) 人生奪回ゲーム:

« (937) 人生逆転ゲーム | トップページ | (939) 007 慰めの報酬 »