« (915) ホーム・アローン3 | トップページ | (917) 名探偵コナン 天国へのカウントダウン »

2013年1月 6日 (日)

(916) ヤングガン2

【監督】ジョフ・マーフィ
【出演】エミリオ・エステベス、キーファー・サザーランド、ルー・ダイアモンド・フィリップス
【制作】1990年、アメリカ

ヤングガン」の続編。伝説のガンマン、ビリー・ザ・キッドの物語。

一人の老人が、荒野に弁護士を呼びつけ、知事の大赦を求める。老人はビリー・ザ・キッドだと名乗り、身の上話を始める。
お尋ね者として有名となったビリー・ザ・キッド(エミリオ・エステベス)は、知事のウォーレス(スコット・ウィルソン)から、大赦を与える代わりにマーフィー一族の犯罪の証言者になることを依頼。ビリーは承諾するが、ウォーレスはビリーを裏切る。ビリーは逮捕されていたドク(キーファー・サザーランド)やチャベズ(ルー・ダイアモンド・フィリップス)を救出し、仲間とともにメキシコを目指すことにする。しかし、仲間だったパット・ギャレット(ウィリアム・ピーターセン)は無謀な行動を繰り返すビリーから離脱。ビリーは貸しのある牧場主のチザム(ジェームズ・コバーン)に旅の資金の無心に行くが断られる。
ビリーの抹殺を目論む知事や牧場主(ジェームズ・コバーン)はパットを保安官に仕立て上げ、ビリーの行動を読んで彼を追い詰める。ドクは敵の銃弾に倒れ、ビリーは逮捕される。ビリーは恋人のジェーン(ジェニー・ライト)の機転で脱走するが、致命傷を受けたチャベズもこの世を去り、残ったのはヘンドリー(アラン・ラック)のみとなる。
丸腰でいるビリーのもとにパットが現れる。ビリーに銃口を向けつつも、引き金を引くことに躊躇するパットに、ビリーは「仲間のためなら俺は何だってできるんだ」と言い、静かに背中を向ける。そしてパットの銃声が響く。
話を終えた老人は弁護士の元を立ち去るが、彼がビリーかどうかは謎のままなのだった。

交渉に来た保安官にチャベズの帽子とポンチョを着せて外に出し、待ち構えていた町民が保安官を撃ち殺してしまうといった名シーンがあるが、全体的にはやや退屈だった。
チャインチャインチャ、チャッチャッチャーン、チャインチャインチャ、チャッチャンチャーンというメロディーが印象的なBON JOVIの「Blaze of Glory」は名曲。

【5段階評価】3

|

« (915) ホーム・アローン3 | トップページ | (917) 名探偵コナン 天国へのカウントダウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (916) ヤングガン2:

« (915) ホーム・アローン3 | トップページ | (917) 名探偵コナン 天国へのカウントダウン »