« (885) ネバーエンディング・ストーリー | トップページ | (887) 崖の上のポニョ »

2012年11月21日 (水)

(886) パーフェクト・ストレンジャー

【監督】ジェームズ・フォーリー
【出演】ハル・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョバンニ・リビシ
【制作】2007年、アメリカ

友人の死の謎を追う女性記者を描いたサスペンス。

女性記者のロウィーナ(ハル・ベリー)は、友人のハッカー、マイルズ(ジョバンニ・リビシ)と議員のスクープをものにするが、上からの圧力で記事はボツ。怒ったロウィーナは会社を辞める。そんな彼女に、幼なじみのグレース(ニッキー・エイコックス)が声をかける。彼女はチャットを通じて、広告業界の大物、ハリソン・ヒル(ブルース・ウィリス)と浮気をしているというネタを彼女に提供。しかし、グレースはその後、水死体で発見される。
ロウィーナは、グレースがハリソンに浮気を奥さんにバラすと迫っていたことを知り、ハリソンがグレースの犯人であるという証拠をつかもうとする。
ロウィーナはマイルズに、ハリソンの会社へのハッキングを依頼し、そこの派遣社員になりすます。ハリソンはロウィーナに声をかけ、親しくなっていく。ロウィーナは、マイルズから預かったハッキング用のプログラムをハリソンのPCに仕込もうとするが、ハリソンに見つかってしまう。何とかその場をごまかすロウィーナだったが、彼女の携帯に届いたマイルズのメールがもとで、彼女がハリソンのPCに潜入しようとしていたことがバレてしまう。
彼女は改めてハリソンにチャットを仕掛け、ホテルで待ち合わせる約束を取り付ける。現れたハリソンを警察は逮捕。彼にとって不利な証拠が次々と出され、彼は有罪となる。ハリソンの妻、ミア・ヒル(ポーラ・ミランダ)は冷たく彼が有罪になるさまを見ているのだった。
グレースの遺体からは、瞳孔を拡大させる効果を持つ毒薬、ベラドンナが検出された。眼球を題材としていた写真家のミアは、ベラドンナの利用者であり、事件はミアが仕組んだかのように見えた。しかし、真相は違った。ベラドンナを使っていたのは、ロウィーナ自身だった。
彼女は少女時代、父親から暴行を受けており、母親が父を撲殺。二人で父親の死体を埋めたのだが、その現場を隣に住む幼なじみのグレースが見つめていた。彼女はずっと、ロウィーナを脅迫していたのだ。グレースを亡き者にしようとしていたロウィーナは、グレースの持ってきたハリソンの浮気のネタを利用し、ハリソンをグレース殺しの犯人に仕立て上げていたのだった。マイルズは真相に気付き、ロウィーナにそのことを告げる。しかしロウィーナはマイルズを刺し殺すと、彼が真犯人であるように見せかけ、警察に電話をする。しかし、その光景を窓の外から、一人の男が覗いていた。それは、かつて父親の死体を埋める現場を見ていたグレースのようであった。

ドンデン返しがウリのこの作品。真犯人の含みを持たせるため、たとえばマイルズは純粋にロウィーナが好きなのか、それとも屈折した欲望があるのかハッキリ描かないなど、登場人物の行動規範を明確にせずに物語が展開。そのため、登場人物の関係がわかりづらく、全てが明らかになった後も、何が真実で何が誤解なのか、分かりづらいのが難点だった。同じブルース・ウィリス出演の「シックス・センス」のドンデン返しっぷりが強烈によくできているのに比べると、ちょっと見劣りしてしまったのが残念。

【5段階評価】3

|

« (885) ネバーエンディング・ストーリー | トップページ | (887) 崖の上のポニョ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (886) パーフェクト・ストレンジャー:

« (885) ネバーエンディング・ストーリー | トップページ | (887) 崖の上のポニョ »