« (881) パニック・ルーム | トップページ | (883) 時をかける少女 »

2012年11月17日 (土)

(882) アウトレイジ

【監督】北野武
【出演】北野武、椎名桔平、加瀬亮、國村隼、北村総一朗、三浦友和
【制作】2010年、日本

ヤクザ同士の血で血を洗う抗争を描いた作品。

池元組を率いる池元(國村隼)は、麻薬密売を手がける村瀬(石橋蓮司)と兄弟杯を交わしていたが、池元の親分、山王会会長の関内(北村総一朗)は、村瀬の行為を自分のシマの侮辱と考え、側近の加藤(三浦友和)をどなりつける。
池元は加藤に責められたため、配下の組長、大友(北野武)に村瀬をいためつけるよう指令。大友組の組員、岡崎(坂田聡)が、村瀬組の経営するぼったくりバーに引っかかり、バーの店員はそうとは知らず、支払いの取り立てのため、大友組の事務所に入ってしまう。店員は半ば無理矢理100万を突きつけられ、持って帰るが、村瀬はそれを聞いて激怒し、店員に指を詰めさせると、若頭の木村(中野英雄)とともに詫びを入れに行かせる。しかし、大友組の組員は木村にお前が指を詰めろとあおり立て、木村は差し出されたカッターナイフで無理矢理小指を切ろうとする。それを見ていた大友は、突然、カッターナイフを取り上げると、木村の顔面を激しく切りつける。木村は激しい憎悪の感情を高ぶらせながら、大友組を後にする。
岡崎はぼったくりバーに再度訪れ、店員達をさんざん挑発。怒った店員らは、岡崎を殴り殺して報復する。それを知った関内は、身内の恥だと池元をどなりつける。池元の腹心、小沢(杉本哲太)は、大友にけじめをつけるよう指示。大友はヒットマンを使って地元に帰ろうとしていた店員を電車内で射殺する。
手打ちを願う村瀬は、池元と連れだって関内のもとを訪れる。関内は、表面上は村瀬を許すが、加藤は、会長はまだお怒りだと池元に告げたため、池元はさらに村瀬を痛めつけるよう大友に指示。大友は歯医者にいた村瀬を襲い、治療器具で村瀬を拷問する。村瀬は加藤のもとに向かうが、加藤は池元が暴走したのだと嘘をつき、池元にわびを入れて形だけでも引退しろと村瀬に示唆。これにより、大友組は実質的に村瀬組のシマを支配することになる。
大友組の頭脳派、石原(加瀬亮)は、村瀬組が密売場所として利用していた某国大使館を乗っ取り、そこを違法カジノにしてアガリをせしめるようになる。それでも村瀬は、隠れて麻薬の密売を続けていたため、池元は大友に村瀬の始末を指示。自分のところの若い者ばかり使うわけにはいかない、と断る大友だったが、自分で行けと言われてしまい、結局自分で、サウナにいる村瀬を射殺する。
村瀬のシマのアガリを狙っていた関内は、この事件で大友が逮捕されることを予想していたが、大友は証拠不十分で釈放。関内は加藤を通して、池元に大友を破門させる。大友が指を詰めて関内に詫びに行くと、関内は大友に期待の言葉をかけ、池元を始末することを示唆。池元に対する怒りが頂点に達していた大友は、カジノに入り浸っていた池元を別室に連れ込み、舌を出せと池元にすごみ、舌を出した池元のあごを殴って舌をかみ切らせた上で撃ち殺す。
関内はまた小沢にも、池元組を継ぐのであれば親を殺されたかたきを討たなければならないと大友組の始末を示唆。勢力にまさる池元組は、次々と大友組の連中を殺害。腹心の安倍(森永健司)は銃殺され、水野(椎名桔平)は、一方を道路脇の鉄柵にくくりつけたひもを首にかけられた状態で、乗せられた車を急発進させられ、首がほとんどちぎれるようにして死亡。一人となった大友は、これまでバカにしていたマル暴の刑事、片岡(小日向文世)に連絡を取り、刑務所に逃れる。
小沢は関内に大友組の一掃を報告するが、加藤は小沢を射殺。それを愉快そうに見ていた関内だったが、加藤は関内も射殺し、会長にのし上がる。
刑務所内での自由時間中、ベンチに座ってぼんやりしている大友だったが、突如、腹部に激痛が走る。服役していた木村が大友の腹を刺していた。「木村か・・・! 」の言葉を残し、大友は倒れる。
会長となった加藤のもとに大友死亡の報を携えた片岡が登場。加藤の横には、大友組の頭脳派、石原がいるのだった。

すさまじい暴力シーン、小気味よいテンポ、啖呵の応酬など、見応えのある作品。俳優陣も豪華で、監督の力量とセンスに感嘆する。昔の任侠映画のように、暴力団をかっこよく見せないところがいい。誰かに殺されるまで誰かを殺し続けるしかなく、それでも決して安寧にたどり着けず、破滅の一途をたどる。登場人物の誰一人、成功者とは言えない。生き残った者、のし上がった者もまた、新たな脅威に怯え続けるだけ。そこにかろうじて存在する美学を、うまく描いている。

【5段階評価】5

|

« (881) パニック・ルーム | トップページ | (883) 時をかける少女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価5の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (882) アウトレイジ:

« (881) パニック・ルーム | トップページ | (883) 時をかける少女 »