« (860) オーメン | トップページ | (862) 百万円と苦虫女 »

2012年10月11日 (木)

(861) MARCO 母をたずねて三千里

【監督】楠葉宏三
【出演】樋口智恵子(声)、榊原るみ(声)
【制作】1994年、日本

1976年に放映されたテレビアニメの劇場版。

イタリアのジェノバに住むマルコ(樋口智恵子)は、母親のアンナ(榊原るみ)が南米に出稼ぎに出たため、母親と離ればなれになってしまう。
母親からの手紙を楽しみに暮らすマルコだったが、その手紙が途絶えたため、父親のピエトロ(菅生隆之)に懇願して南米に旅立つ。母親は居場所を転々としていたが、マルコは辛抱強く母親を追い続け、ついに再会。
会ったときは病に伏して目覚めなかった母親だったが、マルコの起こした奇跡なのか、ついに目覚め、マルコと抱き合う。

テレビでは1年かけて放映したものが90分に圧縮されており、エピソードによい意味では無駄がないが、何か5分で理解できる名作といったあらすじだけの読書のような感じもした。作品名は聞いたことがあるけれど、見たことがないという人には、ちょうどよいかもしれない。

【5段階評価】3

|

« (860) オーメン | トップページ | (862) 百万円と苦虫女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (861) MARCO 母をたずねて三千里:

« (860) オーメン | トップページ | (862) 百万円と苦虫女 »