« (821) プリンセス トヨトミ | トップページ | (823) ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ »

2012年8月 8日 (水)

(822) トイ・ストーリー2

【監督】ジョン・ラセター
【出演】トム・ハンクス(声)、ティム・アレン(声)、ジョーン・キューザック(声)
【制作】1999年、アメリカ

ディズニー・ピクサーアニメ、「トイ・ストーリー」の続編。

おもちゃのウッディ(トム・ハンクス、唐沢寿明)が、ふとしたことから、おもちゃの転売で金儲けを企むアル・マクウィギン(ウェイン・ナイト、樋浦勉)に盗まれる。ウッディは昔の人形劇の主人公で、貴重なお宝人形だったのだ。彼は人形劇の仲間だった、カウガールのジェシー(ジョーン・キューザック、日下由美)や馬のブルズアイ、金鉱掘りのプロスペクター(ケルシー・グラマー、小林修)とともに、日本の博物館に売られることになる。
一方、ウッディがさらわれたことを知ったバズ(ティム・アレン、所ジョージ)はウッディの救助隊を率いてアルのビルに潜入。一時は博物館行きを決めたウッディだったが、ジェシー、ブルズアイとともに、持ち主のアンディ(ジョン・モリス、北尾亘)のもとに帰る道を選ぶ。
しかしプロスペクターは博物館に行くと主張し、ウッディの逃走を妨害。ウッディとジェシーは日本行きの飛行機に乗せられてしまうが、最後は自力で飛行機を脱出。アンディの部屋に戻ることに成功するのだった。

一作目同様、舞台は人間の目からすれば狭い範囲だが、おもちゃ目線で壮大なストーリーに仕立て、狭さを感じさせないところが面白い。これがおもちゃが本当に宇宙に飛び出したりしはじめると、ただのあり得ないマンガになってしまうのだが、人間にとっては狭い世界であるという設定が、人形達にリアルな息吹きを与えている。

【5段階評価】3

|

« (821) プリンセス トヨトミ | トップページ | (823) ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (822) トイ・ストーリー2:

« (821) プリンセス トヨトミ | トップページ | (823) ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ »