« (790) ワイルドシングス | トップページ | (792) ワイルドシングス3 »

2012年6月23日 (土)

(791) ワイルドシングス2

【監督】ジャック・ペレス
【出演】スーザン・ウォード、レイラ・アルシーリ
【制作】2003年、アメリカ

ワイルドシングス」の続編。劇場公開はしてない作品。

一作目同様、どんでん返しの繰り返しをウリにした作品で、ある意味では期待を裏切らないのだが、どんでん返しがウリの作品で期待を裏切らないのは、期待を裏切っているというパラドックスに陥っているのが、なんともかんとも。

まず、学校の講堂で学外の専門家(本作では検死官)を招いての講義があって、仲の悪い二人の女子学生がいて、でも実は二人はグルで、間に男がいて3Pのからみがあって、でも男は邪魔者として消されてしまって、と、「ワイルドシングス」とほとんど同じ展開。
一応、本作では、主人公を怪しむ保険屋が脅しをかけるという、当初の計画にないできごとがあったりするところは、違っている。しかし、1作目は、天才的な主人公の見事な計画的犯罪というカタルシスがあるのに対し、本作は、計画通りに進まないのでそういう興奮は薄い。

最後は、死んだと思っていた母親が生きていて、娘と二人で夫を亡き者にして莫大な遺産を入手。しかし、娘は母親にも毒を盛ったかのような意味深長なエンディングで幕を閉じる。

このシリーズ、あまり深読みせず、単純にストーリーを受け入れて、その都度起きるどんでん返しに素直に驚くのが、正しい楽しみ方な気がする。そういう意味では、ワイルドシングス1から3を一気に観た自分は、かなりよくない鑑賞の仕方をしたのかもしれない。
一気に観るとかえってつまらない、というシリーズものは、なかなかないので、そういう意味では貴重な作品だ。

【5段階評価】3

|

« (790) ワイルドシングス | トップページ | (792) ワイルドシングス3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (791) ワイルドシングス2:

« (790) ワイルドシングス | トップページ | (792) ワイルドシングス3 »