« (783) メリー・ポピンズ | トップページ | (785) バカヤロー! 私、怒ってます »

2012年6月16日 (土)

(784) リトルショップ・オブ・ホラーズ

【監督】フランク・オズ
【出演】リック・モラニス、エレン・グリーン、レビー・スタッブス
【制作】1986年、アメリカ

1960年の同名映画のリメイク。人食い植物に翻弄される主人公をコミカルに描くミュージカル映画。

花屋の店員、シーモア(リック・モラニス)は、店主のマシュニク(ビンセント・ガーディニア)に、客の入りが少ない、と責められ、たまたま入手した謎の植物をショーウィンドウに置く。そのとたん、店は大繁盛。
彼は植物にオードリーII(レビー・スタッブス)と名付け、育てようとするが、その植物は人の血で生長するのだった。シーモアは、花屋の同僚の女性、オードリー(エレン・グリーン)が、恋人のオリン(スティーブ・マーティン)に暴力を受けているのを知る。彼はサディストの歯医者だった。シーモアは、オードリーIIにそそのかされ、オリンを殺そうと拳銃を持って歯医者に行くが、オリンは麻酔ガスと笑気ガスを同時に吸って興奮し、勝手に息絶えてしまう。シーモアはオリンの死体を斧で切り刻んでオードリーIIに与える。シーモアがオリンに斧を振るっているのを目撃したマシュニクもまた、オードリーIIに食べられてしまう。
シーモアは有名人になるが、オードリーIIは手がつけられないほど巨大化してしまう。彼はオードリーと暮らすことを決意し、オードリーIIを倒そうとする。オードリーIIは宇宙から来たモンスターだったが、最後はシーモアによって感電させられ、爆死する。シーモアとオードリーは幸せに暮らすのだった。

タイトルに「ホラー」とあるので、プチ恐怖映画のような内容かと思ったが、完全にコメディ・ミュージカルだった。アニメと融合するシーンもちょっとだけあって、そういう意味では「メリー・ポピンズ」とも共通点があったりする。個人的には本作の方が面白かった。
ゴーストバスターズ」のビル・マーレイも、マゾの患者というちょい役で出演している。

【5段階評価】3

|

« (783) メリー・ポピンズ | トップページ | (785) バカヤロー! 私、怒ってます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (784) リトルショップ・オブ・ホラーズ:

« (783) メリー・ポピンズ | トップページ | (785) バカヤロー! 私、怒ってます »